読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

居酒屋にて

日本に出張で来ているお父さんと少しあっつーい話をしました。

 

いつもは否定から始まる父も

なぜかこの夜だけしっかり聞いて、しっかり話してくれました。

(最後の方はまた否定モードに入っていたけど....)

久しぶりに父が言っていることがまともに聞こえた。

 

どういう働き方が合っていると感じているか、

だからどういう仕事を私はやればいいのかって話した。

 

そしたら案外、

 

たくさん悩んだ結果がフリーターならそれでもいいし、

う〜〜〜ん、カメラは。

今までやっていて、いいなあって始めるならいいけど、

全くやってないし、

アートなんてもっと若い頃から始めてる人もいるから

その人たちと並ぶってことは相当な努力が必要よ。

というか(私)はクリエイティブな方ではないと思う。

お前は本当は接客業とかが向いていると思うよ

 

ってしっかりしたコメントくれた。

 

ほう。....とりあえずカメラ、映像系、アートにトライしてみるね。

 

てな感じで会話してました。

 

お父さんは何を根拠に接客業向いている、と言っているのか。

今まで人と接して来て疲れることの方が多いし、

今までのバイトで「売上が落ちた....」っていう話が何度も耳に入るぐらい

アルバイトは向いていない方だ。

 

ただ確かに私自身本当は人と話すのは好き。

「人間関係」がとても苦手なのだ。

だから最近始めたバイトで疲れるのは、

接客の部分ではなく、

一緒に働いている人とのコミュニケーションの取り方がわからない部分が大きいと思う。

 

そう思うと

また宙に投げられたような気分

クリエイティブな方面に行きたいの?

本当は普通の正社員になりたいの?

何度繰り返すんだ。

 

とりあえず一眼レフ買うためのお金を貯めてみようか。