読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それで...

就活したくない理由話しましたでしょうか。

 

シンガポールに今すぐ働きたい、というのが一つの理由。

自分が働いているところを想像できないけど、

それが日本だと尚更。

だから帰って来たいっていうのが一つ。

 

後、もう一つの理由が就活をしたくないから。

こんなこと言ったらいつかしらの友達が

「皆就活しなきゃいけないのに、なにそれ?!」

とひどい!といわんばかりにキレた。笑

 

そりゃそうだ、辛い思いしてやっとゲットした仕事を

「したくない」っていう理由で私は避けるから納得いかない。

言わなければよかった、と後悔。

 

でも今でも本格的な就活はしたくない、と思っている。

第一に就活でどれだけのお金と時間を費やすんだろう。

シンガポールに行けば、

せいぜいスーツ代と行きたい企業に一つ一つ履歴書送ったり面接に行ったりして、早ければ数日で終わると思う。

それが日本になると交通費が高いし、毎日着るスーツとトレンチコートを買って、

家でご飯食べる時間がないから外食も多くなるし、エントリーシート書くのにすごい時間を費やす。

 

就活って自分を模索できるいい機会だと思っているけど、

それに時間を費やしすぎるのもどうだろう。

エントリーシートもきっと似たような質問にいくつも答えることになるし....

シンガポールに行くっていう選択肢があるなら、

シンガポールにまず行ってから日本で働けば、

就活しなくても日本の企業に入れる。

って思ったのは私だけかしら。

でも本当に思うのよ。

 

1分間でまとめられないと面接官が寝始めたり、

有名な大学だけ枠が多めだったり、

過去になにもしていないってだけでないがしろにされたり、

そこでメンタル鍛えるぐらいなら、

シンガポールに新卒で行って、受からない、どうしよう!ってなっている方が

健康的にメンタルを鍛えられる気がするよ。

 

「就活したくない」って聞くと怠けているようだけど、

何事も効率的に力をつけるのに就活は必要ない、と思ったのです。