読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOはNO!

直感がNOって言っていることは結果どうであれ大抵NOで終わるんです。

 

例えば、

苦手だなって思っている子と一緒に働くことになったとして、

 

直感がYESだったら

「うわ〜、苦手だな〜、でも話してみたら案外仲良くなれるかも」

って素直に思うから

そのままの関係か、いい方向に進めば仲良くなれると思う。

 

直感がNOだったら

「うわ〜。苦手だな〜、分かり合える気がしない」って感情を

「いや、仲良くなれるかも」って否定してしまって、

結果疲れるし、やっぱり相手に嫌だって気持ちも伝わるし、

いいことが起こらない。

 

からどんなにいい案件だったとしても、

どれだけのチャンスが来たとしても、

直感がNOって言っているうちは

きっと物に出来ないんだろうなって思う。

とても悔しくなるときだってあるけど、

その「とき」を待って、花を咲かすことも大事なんだろうなって思うのです。