読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おまけ 2

お題「旅行に必ず持っていくもの」

 

海外旅行に行く時、

飛行機の空気圧で耳が痛くなるのとても嫌だ

 

降下して、ふわふわする感覚も嫌なのに、

耳までボコボコいう

そのたんびに唾を飲み込んだり、水をたくさん飲んであくびをしたりして、

空気を抜くけど

何度も繰り返すから着陸時には動きすぎて酔っている。

そして、その後数日は耳が塞がった感覚が続く。

後はもうネイチャーに任せるしかない、という状況。

 

特に私は耳が弱いらしく、鼓膜が張り裂けるような痛みを毎回感じ、

ひどい時は1日中その痛みが続く。

しかも、空気が抜けるのって首を思いっきり変な方向に向けた時なんだよね。

だから「あはは」って爆笑して、頭を左右に大きく振った時に

バチッて抜ける時があって、「おおおおお、痛い!!」

ってなるわけです。

さっきまで楽しそうに笑っていたのに、一瞬で悲痛な感情が覆っていく....

見よ、このシュールな光景。

 

なので、

毎回旅行するたんびに、「まだか、まだか...」と。

あ!今降下した....?

してるしてる、したしたしたした、耳塞がってきてる、

あっ、あっ!

水、水!!

え?水ない?スチュワーデスさん!!

来ない!!ヘルプ!

と機長さんばりの緊迫感を持って、乗っています。

 

私はこの先、耳の痛さと戦い、

負けたら鼓膜が消えるんだ...と喪失感を持っていたのですが、

なんと!解決策があったんです!!

 

それは!

 

「耳栓」

 

......うん、耳栓。

よーく考えたら、圧があるから痛いんだよ。

から圧が起きないように塞げばいいという。

というのも音楽を聴いてる時に降下した時に、

圧を感じにくかった。

これは、もしや....と思い、サービスで付いてきた耳栓を使ったら

全く痛くなかった!

 

耳栓がない、少し抵抗があるっていう方はイヤホンでもある程度

塞ぐことができます。

後、周りの音があまり聞こえないから音に注意するのと、

降下する前(30分前ほど)につけることで完全に防げます。

 

ぜひ!

Ciao!