読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とてもふわふわ

皆したいことってどうやって見つけるんだろう?

 

ぱって急に、

 

何かが天から降ってきたかのように

 

営業職に就こう!とか

 

私は画家になるんだ!とかって急に思うのかな

 

すごく不思議。

 

中にはどうしても合わない仕事って出てくると思うの

 

ずっと人と接するの疲れる、とか

 

一日中パソコンに向き合ってられない、とか。

 

芸術肌の人が

 

一流の中学校、高校、大学行って、

 

ああ、自分は周りの人みたいに正社員になりたくない、

 

というか仕事もうまくこなせないし、

 

毎日決まった時間にとか無理って思ってたとして。

 

それもただ嫌なんじゃなくて、本当に毎日げっそりするとしたら。

 

どのタイミングで 芸術に進もうって決めるんだろう。

 

普通の有名大学入って、卒業してから芸術や歯科医方面に行きたいってなったら

 

追加で勉強するための時間とお金が必要になるし、

 

女の子とか、結婚考えてたら迷うと思う。

 

むしろ本当に向いている人は

 

高校、大学の時点で声かけられているのかな。

 

謎 of 謎

 

合わせて ダブル謎。

 

ただ就く仕事がどうであれ、

 

もっと自由に生きたいなって思う

 

つかみどころがなくて、

 

気がついたら、するり、と抜けているような。

 

雨の中裸足で歩いてみたり、

 

人目を気にしないで歌い始めたり、

 

今この抹茶ラテからラテを抜いたらどんな味になるか、とか

 

ヨーグルトって貧血に効きそう、って食べてみたりとか

 

考えてること、やってること、

 

しょうもなくてぶっ飛んでいるけど

 

自分の世界観をしっかり持っていて

 

社会では絶対こうでなければいけないっていうものを

 

「気持ちよければいいじゃないか」と心から言えちゃうような。

 

そんな風にふんわりと、でもしっかりと生きたい。

 

自分を持つことはとても難しい。

 

「私」という人を生かすのはとても難しい。

 

真の「私」は持っている役割を全て取っ払っても「私」でいれる人のことだと思うの。

 

お医者さんがお医者さんでなくなったら、

 

お金持ちがお金持ちでなくなったら、

 

お父さんがお父さんでなくなったら、

 

長男が長男でなくなったら、

 

「私は誰だ」ってなるの、きっと。

 

自己紹介をしてくださいって言われた時に、

 

役割も称号もなくなったら、残るのは中身のみ。

 

言葉では言い表せない部分。

 

その時に「私は私だ!!」って主張できる人はどれぐらいいるんだろう。

 

きっと自分が何者かわからなくて、

 

怖くてひるんで、人の押し合いっこが起きそう

 

「お前が先に行け」

 

「いや、お前こそ」みたいな

 

そうなった時に押し合いっこするより先に

 

人の群れをかき分けて、

 

皆より10歩前にでて、

 

大きな声で、

 

「私はまだ自分がわかりません!それが私です!!」

 

って主張できるならかっこいいよね。

 

そういう人になれたらな〜〜〜〜

 

なりたいな〜〜〜〜