読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたはどこの人?

友:「なんでシンガポールで働くの?」

私:「うーん、やっぱ日本人学校に入れられて、日本人として育てられても、生まれ育ったのはシンガポールだからなぁ」

友:「そしたらさ...日本に来る時って外国人って気持ちになるの?」

私:「なる!日本のコンビニって早口でしょ?だから来た時ばかりの時はポイントカード持っていますか、持っていない、すみません、何点で何円ですっていうのについていけなくて.....思わず目が点ってなったら「ポイントカード?」って。外国人かと思われた」

 

って話をしてきました。笑

 

シンガポールが好きだ!

永住権を持っていたい!

どちらかにしか住めないなら絶対シンガポール選ぶっていうと

 

大抵

「いや、日本人じゃん」

って突っ込まれます。

 

それどころか

シンガポール好きだねぇ」って若干感心されながらも引かれます。

 

正直戸惑う

戸惑うというか、

「自分の国をシンガポールといってはおかしいのか」

愛国心があって当たり前なのでは」となる。

 

もちろん私がシンガポール外での生活になじめないって思った時に

シンガポールネタを連発すること多いけど、

 

チャイニーズニューイヤーになったらホンパウ(お年玉)もらいたかったなあ、

母の友達の家を訪問して行きたかったなあって思うし

(チャイニーズニューイヤーは友達や親戚の家に一週間ほどかけて遊びに行くのが行事)

 

ナショナルデー間近になったら、

ああ、今頃国旗があちらこちらにあって、

当日の練習のためにヘリコプターの音が頭上からするんだろうなあとか

 

あ、シンガポールって

心がほっこりする。

 

もちろん日本のお正月におばあちゃん家行って、

紅白見て、年越しそば食べて、初詣行くと

新年を感じるけど、

 

他の人に私の国(日本)ではこうやって新年過ごすよーって言う気にはならない。

なぜなら新年の過ごし方も含めて、1セット。

韓国行ったら絶対毎回キムチを食べよう。

日本に行ったら絶対にカラオケに行くとか

私の中で新年とは日本に帰った時の「そういう習慣」である。

 

だからといって私は日本人じゃない、と言っているわけでもなくて、

何人?って聞かれたら「日本人」っていうと思う。

日本語で育ってきて、日本人に囲まれてきたから...

間違いなく、ジャパニーズブラッドが一番流れている。

 

だから、シンガポール好きだねって言われると困る。

好きとかでなくて、言って当たり前と思っていってたし、

むしろ3年しか住んでない日本のことを

「私の国だ」というのも的外れよ。

 

だったら日本人じゃないの?って聞かれると、

日本語勉強してたし、日本人コミュニティで過ごしてきたし、

何より性格も日本人って言われるし、

間違いなく「日本人」らしいと思う。

だから「シンガポールって今何流行ってるの?」とかって聞かれても的外れ。

 

でも、

人種はマレーシア人とのハーフで、

国籍は日本人で、

母国はシンガポールで、

そういうものなの。

 

自分でも謎だけどそういうものなの。

 

だから なんで?って聞かれると、

むしろ なんで?って聞き返したくなる

 

もし、大阪に住んでいた人が

「ここのたこ焼き、大阪のに似てる!」って懐かしんだ時に、

「今私たち東京にいるよ。大阪好きだねえ。」

って言われたら、

待って、東京に今いるの知っとるわ。

好きちゃうねん、私がおった場所やよ。

 

ってなると思う。

 

A:「私は東京に住んでいました」

B:「いいえ、あなたは住んでいません。」

A:「」

 

っていうのとも似ている。

 

そういうものなんです。

 

理屈がどうこうでなくて、

私はそうなんです。

 

もう何が言いたいかというと

 

私は私なので、

どこでもよくね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....混乱するか