読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かやり遂げたってうらやましい

今日はアルバイトの面接に行ってきました。

 

...だったはずなんだけどなぜか就活ばりの面接

 

私ともう一人の就活生と同時に面接して、1時間ほどかけて色んな質問された

 

「なぜ数ある学習教室の中、御社(発達障害向けの学習教室)を選びましたか?」

「御社ではどのようなことをあなたにお返しできますか?(これから発達障害関係の保育士をするとかNPOで働くとか)」

 

まってまってまって、こんなガチなの!?

真剣すぎて就活用の面接と間違えたかと思った

 

始まってしまったものは仕方ない...

ここで今までエントリーシートで書いたものとかを活用してみよう!!

というのも隣にいた女の子も就活中でスーツ着てた。

それを見た私もなぜか俄然とやる気が出た。

 

結果をいうと、

自分のこと情けないって思った。

 

一緒にいた女の子がすごくて、

舞踊やってたり、三味線やってたり、ボランティアで発達障害の子と触れ合ったり....

答えに詰まっても「ないです」「わからないです」っていう答えは出さずに肯定的なもので返す。

おお...これが就活中の子の実力。

 

私は元々彼女と比べようと思っていたわけではなかった。

でも彼女の凄さにおおって思った後に、「あなたは?」って聞かれて答えるのが恥ずかしくなった。

 

例えば、「今まで学生生活で頑張ったことは?」っていう質問。

学習教室だからやっぱり他者とどのように触れ合っているのか知りたいんだと思う。

から理想的な答えは、

「バイトでこう言ったことがあって、仲間と乗り越えた」

「サークルで頑張ってコンテストで優勝した」

とかだと思う。

けど基本一人で行動するし、趣味とかやりたいことも一人でこなすものが多い。

サークルに入ってもいなかったし、バイトも週1〜3で半年働いているだけだった。

 

エントリーシートではよく中国語の勉強って書いてたから

勉強を通して、自ら行動することが大事と学んだって説明した。

ただ相手が求めている話とは違う。

どうにか「仲間と頑張って〜」っていう方に持って行きたかったのが失敗。

面接官も「留学ではどのようなことをしたのですか?」みたいなことを聞いてきた。

 

「勉強....が中心かな?」って言われて少し嫌気がさした

から「友達とも遊びました」って小さく吠えました。

 

聞かれる質問ほとんどがそんなものだった。

学習教室だから当たり前だけど、

グループで、サークルに入ってないから答えを絞り出すのに必死で疲れたし、

隣の子が「舞踊を教えてくださった方が」「ゼミでリーダーとして」ってどんどんいうたびに

私は今まで何をしてきたのだろうかって気持ちになった。

 

と言っても自分自身何もしてこなかったのわかっている。

してこなかったっていうよりできなかった。

人間関係でしくじることが多くて、

まずは人とうまくやっていくために自分を変えるので精一杯だった。

そして精一杯やりながらも、私もよく

「あの子はインターンでバリバリ働いてていいなあ」

「毎日飲み会で楽しそういいなあ」

「音楽活動に精力的でいいなあ」

って横目に見ながらも我慢した。

 

「自分」をしっかりと準備してからそう言ったことをやるんだって

ひたすら自分と向き合った。

でも、ただなんか悲しくなった。

 

私も色々やりたかった。

音楽活動していて、今ドラム練習してるんだ!とか

インターンでの仕事きついけど楽しい....とか

ウェブコンテストに応募して入賞した!とか

でも始めるのはもう少し成長してから。

それをわかってたから我慢した。

それが面接っていう形で見せつけられて悲しかった。

何も出てこない自分が情けなかった。

もっと早く成長したい。

 

私も早くパッションかけれることを見つけて、

没頭してみたい。

誇れるようになりたい。

 

だから今はひたすら力を貯めるとき。

これからどうしよう 第六弾

こんにちは

 

昨日の記事恥ずかしい。

でも書いてしまったからにはそのままにします。

 

シンガポールに行って、リラックスして、

就活からかけ離れてやっと自分はどうしたいかわかってきた気がします。

 

まずはやりたいことできる限り全部やります。

コメントもらって嬉しかったです。

直接返すものなのかわからず、「いいね」だけさせてもらいました。

 

並べていくと、

中国語の語学留学(半年)

料理の勉強

食関係の資格を取得する

ウェブデザイナーの勉強

カメラ

フォトショップ

アート、アート関連の勉強

日本の働き方を知る

ヒッチハイク、国内旅行

アメリカ短期留学(1〜3ヶ月)

 

という感じです。

本当にお仕事で使えるのかわかりません。

でも....

なんとかなるでしょう。

 

やりたいことに向かえるって清々しい。

 

さて、この中でできないかもしれないのはアメリカの短期留学とヒッチハイク、国内旅行。

時間はあるけど、お金がなさそうなので

国語学留学でかかるお金によって変わる。

 

今のプランは

授業が終わったら、

IT関係の知識やスキルをつけられるインターンをします。

Webデザインとフォトショップが必要な企業はきっとカメラも必要。

インターンをすれば日系企業の働き方がわかる。

繋がったの嬉しい。

そこにアートも加わったインターンがあったら見てみたいって感じです。

それを中国留学までの間にする。

 

その後は中国留学を半年ほど。

実は中国で中国の調理師資格が取れるという。

日本だと2年以上働いて調理師の免許が取れるから全然思いつかなかった。

外国人でもOkayらしいし、一番簡単な資格だと半年、その次が9ヶ月で取れるそう。

料理の勉強しながら中国語も学べるって一石二鳥。

周りも中国人だらけだから、語学学校に行くよりも中国語づけになれる。

一つ問題なのが情報があまりないこと。

中国のウェブサイト見てると全部中国語だから集中力いるし、

やっと料理学校見つけたって思ったら、ここの教師とメッセージのやり取りしませんか?っていうお知らせがスパム並に出てくるからまともに授業期間とか調べられないし、

仕方なくメッセージのやり取りを中国語で頑張ってしたら、

資格について聞いた途端途中音信不通になるし、

力尽きた。笑

中国人の友達に頼もうかな....

 

こんなにやりたいことがたくさんあって、

こんなに丸く収まるとは思わなかった。

ただWebデザインとか半年で習得できるスキルではないだろうからコツコツと今のうちに勉強しよう。

 

それで、余ったお金で旅行行けるとなあ。

って感じや!

おう!!

おまけ 5

今日は1年生のときにできたグループで飲み会。

9人いるはずだったんだけど、色んな人の都合により4人に 笑

実は1年のときからずっと好きな人がいて、
びっくりするぐらい好きで、
まさか4年まで気持ちを引きずるとは思わなかった。

お互い男、女友達として一番仲よかった(と思う)けど、私の告白を機に距離空きました。

おー、がっでむ

というか振られたのにいつも通り接せれると思っていた恋愛経験ゼロの彼 笑
優しくて鈍感な人です。

そんな彼に3年のときに彼女ができました。

私自身も好きでいるより友達として深い関係になりたいと思い始めた
んだけど恋愛感情ってなかなかなくならないの

スカイプしちゃうし、
恋愛感情の断ち切り方分からなくて無愛想に話しちゃうし避けちゃうし。

少しずつ彼のことを考える時間が減ってきて、そんななか飲み会で2年ぶりぐらいにしっかり会って、しっかり話しました。

思っていたより冷静に受け止めれました。
なにより楽しそうに話すのをみて、
私でなく彼女が相手でよかったって思った。
彼女の話してるの少し辛かった、
でも態度とか話し方が前みたいに距離近くて、でも彼女いるから気を遣ってて、

相手も私と同じことを思っているんだなって少しうれしかった。
それだけで充分でした。

なんでこんなこと話すかって?

酔っ払ってるから。

帰る

日本帰ります。


もう少しいたかった...


まだ遊び足りない、

というかまだ休憩欲しい


あああ

やること多いよー


やりたいこと VS 親孝行

前書いたか覚えてないけど、

 

ソロな道で進もうって言っている割に進んでないのは、

親孝行ができなくなる可能性があるからだ。

 

きっとカメラマンとかアーティストとか、

ウェブデザイナーとかし始めたら、

一緒に過ごす時間は少なくなるかもしれない。

お金だって少量で親孝行って言えるほど毎月あげることができないかもしれない。

 

もし今私のやりたいこと全てやったら間違いなく手元に残るお金はすっからかんになる。

これだけ親は私にお金をかけてくれたのに、私はそのお金を趣味につぎ込む。

親のお金を使っているわけではないけど罪悪感を持ってしまう。

 

と言っても、

私は学費の高い今の大学に行きたい、だなんて言ってないし、

むしろ泣くぐらい嫌だったわけで。

留学も行かせてくれる、って言う話だったのにいざ行けるってなったら、

「え?!行くの?!」ってあなたのせいでお金がなくなる、みたいな反応と言い方された。それもなんども.....

そしてお金持ちが集まる大学だからやっぱり月に使うお金も多くて.....。

 

一般的に見たら、

私は親からたくさんお金をもらって、いい教育も受けて、

これは親孝行しなきゃねーってなるけど、

 

正直な感想でいうと、

私は行きたくない偏差値高い大学に行かされ、

唯一の楽しみであった留学のためにもただでさえ難しい授業に励み、成績維持し、

お金がかかるから気になってたサークルにも行けず、

やっと仕事で好きなことできる!って思ったら

周りに親孝行しなさいって言われる始末。

 

うちの家庭は圧がすごい。

だからすごく罪悪感でいっぱいになる。

でも正直いうと、

習い事も好きなようにさせてもらえなかったし、

料理も学校で習ったっていうのにやらせてもらえなかった。

今までで唯一通った願いは

大学をシンガポールから日本に変えたい、ということと

留学に行きたいっていうこと

だけ

本当に。

 

また親のためにしたくないことをして、

ひいひいする生活はもうしたくない。

 

でも親は私を思ってしてくれたことだから。

って思うとどうしても一歩踏み出せない。

 

お父さんと話した時も

そろそろ落ち着いて仕事した方がいいよって言われて、

私が半年から1年かけて好きなことをする時間が無駄だって言われた気がして、カチンときた。

私は仕事がしたくないわけじゃない。

したいからこそ、半年〜1年で収めようとしているのだ。

 

親孝行のこと考えなくていいなら

今すぐ好きなこと全部やって見たいのになあ。

 

大卒からプロのカメラマンに

そうこう、自分は正社員として働きたくないんだって思った時に

Yahoo Japanのニュースで似た考えを持つ人がいました。

 

特にこれといって将来のために打ち込んだものがあったわけでもなく、

普通に大学行って就活していたらしい。

けど就活しているのが嫌になってきて、

カメラの専門学校に通い、プロのカメラマンとしてわずか1年で賞をとり、

6年後には世界中にファンができるまでになったんだとか。

もちろんご飯を忘れるぐらい夢中になって励んでたからなれたと思うの。

 

今ヤフー見ても元の記事が見当たらないから、私のまとめで。笑

 

でも本当にこの記事読んで、また少し救われた。

成功している人がいる、ということは私でも不可能ではない。

私にもきっと、普通のお仕事をする以外の道だってある。

 

お父さんに昨日やっと自分の進路で迷っていることを伝えたら、

夢見すぎだってやっぱり言われました。

全部やりたくて決められないってことは

きっとその中のどれでもいいんだよって言うから

じゃあお父さんひとつ決めてくれる?って選択肢教えたら

え、ちょっと.....それは将来に役たつの?立たなかったら意味ないよ。

って言われた。

 

大人は皆同じことを言う。

将来役たつことをしなさいって言う。

 

特にアートスクールに通う(先ずは趣味程度に)っていうことが引っかかったみたいで、なぜそれが選択肢に入っているの?

趣味程度にやって、それから深入りしたとこで何かいいことあるの?って。

 

私はお父さんや他の人がそう言う気持ちすごくわかる。

行って、アートいいな!って思うだけで終わるなら、

私も他のことに時間が使いたい。

 

でも、もし

アートの世界いいな!って思って、

どんどんのめり込んで、本当のアーティストになったとしたら?

 

プロのカメラマンになったあの人だって、

就活中にしていた本屋のアルバイトで有名なフォトグラファーの写真に心奪われて、

進路を決めたんだって。

 

そういうの聞いたら可能性ゼロでないのに、

ここで「出来なさそう」「役にたたなさそう」でやめていいのかな。

 

本当のアーティストは言いすぎたかもしれない。でも、

もしかして、アート習っている間に声をかけてもらって、

なんやかんや熱中できるお仕事にたどり着けるかもしれない。

習いに行ってよかった!って思うようなことが起きるかもしれない。

 

夢見すぎっていうのわかるけど、

「もしかしたら」って思うと選択肢から外せずにいられない。

 

夢見たいな現実を見るのはダメなのでしょうか。

 

 

やりたいことをやったほうがいい

はろー

 

今日は50代ぐらいの第二のお母さんみたいな方とご飯に行きました。

すごくパワフルな人で、なんでもスッパリ言うから一緒にいてとても楽。

後年上だからこそ色んなアドバイスもらってハッといつもなる。

 

そんで今日もなったんですよ。

お題は「卒業してからしばらくブラブラすることは悪いか」

私は卒業してからやりたいことやって就職したほうが、

後悔しないと思ってるんだけど

お父さんは若干反対っぽいし、お母さんも日本国内を周るならいいんじゃないって感じ。

二人ともそれの一点張りだから、相談したくても聞いてくれない。。。。

ということでこの方にどう思うか聞いた。

 

そしたら

「やりたいことはやったほうがいいよ。人はいつ死ぬかわからないから」

「9月に卒業でしょ?シンガポールはわからないけど、日本では就職するまで皆遊んだりするんだから半年ぐらいならいいんじゃないかしら?」

「私も3ヶ月アメリカで現地の方と生活して色んな経験をしたわあ」

 

と言われて、真剣に答えてくれたのがうれしかった。

 

ただアフリカでボランティアはやめて。。。そこまで挑戦しなくてもいいよ。。。って

すっごく心配そうに言われました。笑

やっぱだめか。。。

もっと将来のためになるようなことしたほうがいいとも言われて、

アフリカのボランティアは役立たないから、アメリカ行ったほうがいいとのこと。

 

でもなあ、

行きたいなあ。

 

とりあえず相談したことで私は卒業から就職するまでの間、

自分の好きなことをしていいんだなって自信につながった。

将来為になることをやる必要はなくて、自分のやりたい!って思った事をやればいいと思っている。

そこは今日話した方と違う考えだけど、

私自身もこんなんで仕事できるのかっていう不安はある。

 

だか今はやりたいことをリストアップして、

お金と時間と相談しながら決めましょうか