読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリエイティブなお仕事がしたい...かも

また意見が変わるかもしれないから、「かも」。

 

フードコーディネーターやりたいって思い始めた時から

気持ちがガラッと変わって、自分を表現したいって思うようになった。

 

それはどんな職種でもいいんだけど、

心の奥ではクリエイティブがしたいんじゃないかって思う時ある。

 

ダンスもPVも音楽も大好きで、アートとか触れるのも好きだし、

かと言って、今までやってきたことは中途半端に習ったダンスのみ。

きっと才能がない、と思って全部諦めたんだと思う。

 

実際のところとても不器用だしなー。

不器用なのにできるのかなって気持ちがあったし、

クリエイティブなお仕事って食べていけるのかな、

大卒で何も知識がない私でも始められるのかな、って思いがあって

何もしなかった。

 

でもそんな時に思い出したのが

シンガポールのアート系イベントで話させてもらったモダンアートをかくアーティストな方。

30代ぐらいの方で背も低くいほうで、のほほんとした少年らしさがどこかある方。

草間さんの絵がある横で売っていたから相当有名なのかもしれない。

その時私は高校卒業したて。

母がアルバイトで通訳していて、

そんな時にアーティストの方に相談してみたいなあってポツンと言ったのを

母が覚えていて、半ば強引に二人っきりにされた。笑

 

やっば、軽く言っただけなのにおおごとになってしまった....

とりあえず思っていること言ってみよう

「あの....私多分普通の大学に行くんです。それで不器用でもあるんですけど、アートに興味があって....私でもできますか?」

 

みたいなことを聞いた。

そしたら

 

「誰でもなれるよ。僕は自分で描き始めたけど、学ぶために美大か専門学校に行った方がいいとは思う。」(絶対天才だ、と思った)

「けど普通の大学に行った時にできた感性、後ユキさんは英語と日本語ができるから、それによってまた違うものができると思う。不器用なのも個性だよ。」

 

みたいなこと言われた。

そんな風に言う人今まで会ったことがなかった。

「不器用なのはいけない、専門学校行った方がいい」、とか

「大学に行くと芸術の感性が出ないからなー」とか言われるかと思った。

だからすごく衝撃で、聞いた瞬間春風が顔をふわっと撫でるみたいな。

そんな感覚になりました。

すごい、そういう風に考えれるこの人すごい。

真っ正面から、心からそう言えるこの人キラキラしていてかっこいい。

そして見ず知らずの私の急で、どこまで本気かもわからない悩みにしっかりと向き合って答えてくれた。

 

今でも忘れられないし、正直この言葉をもらったから

大卒になる私でもクリエイティブなお仕事がしたいって思えてる。

 

正直大学4年生なった今でもどこまで本気かわからない。

フードコーディネーターと同じぐらい多分クリエイティブな仕事に興味を持っている。

けどその割に在学中はクリエイティブなことをしなかった。

MV/PV鑑賞ぐらい 笑

 

ううううう、わからない。

とりあえず前にある仕事をやりながら考えればいいんだろうけど、

考えてるうちにま、いっかってなって、

何もせず生きて、

4,50代になってから後悔するってことだけはしたくない。

 

いや、「ま、いっか」ってなる程度のことだったってことかな。

自分のしたいお仕事

前に言った疑問点

「自分のしたいお仕事に就けるか」

「自分のしたい業界、職種は何か」

 

この二つ、同じようで違うようで似ている質問

 

やりたいこと決まってないし、どんなお仕事でも私は正直いい。

ただずっとレジをやってたり、お茶汲みばかりやってたり、

単調で何も正社員でなくてもいい、っていうお仕事はしたくない。

だからと言ってたくさんの人と会って、どんどん上を目指すようなバリバリ働くキャリアウーマンになりたいわけでもないし....。

そして何が何でもお金のために人と繋がっていくような企業に入りたくない。

 

でも皆ビジネスをしたくて起業するからって思うと

あれ?私のしたいお仕事ってそもそもキャリアウーマンじゃない?って思って。

そしたら映像作家とかライターとか翻訳家とか

そういうのしか浮かばなかった。

だとしたら私は何から始めればいいんだろう。

正社員になることとそういうキャリアに進むのとでは全然違うし、

そもそも映像作家とかになりたかったらきっと日本でスキルを磨かなきゃいけない。

そういうお仕事って根性が必要だし、まずは合っているか知るために

ブログを毎日更新してみようって思って、

食べ物系のブログ書いて見たけど続かず....笑

 

そしたら何がしたいのかわかんなくなってきた。

自分の中では何が欲しいのかすごいはっきりわかっているのに、

なんて職業なのか、どう始めればみつけられるのかわからない。

 

ないかな、

 

人と人が心で繋がるお仕事で、

そこそこ高収入で、

自分を自分として受け入れてくれて、間違ったら叱ってくれる。

「帰国子女」「日本人」みたいなレッテルがなくて、干渉しすぎず無関心でもないとこ。

そして大卒の私でも始められるようなお仕事

 

出てこいー

解禁

昨日解禁しましたね

解禁したからかツイッターがとても静かだった。笑

 

私はあまり実感がわかなくて、

適当にエントリーしたり企業見ていたんだけど

一通り就活でしてみたいことはやりました。

 

1、就活の雰囲気を体験したい

2、海外就職についての情報をもらいたい

3、自分の興味のある分野について知りたい

 

でした。

 

1、は一番最初に行った企業のイベントでなんとなく感じたし、

マイナビで企業の違いを知ったり、インターンエントリーシート書いたり、一日インターンに行くし、後合同説明会も来週のも行けば全部で3つ行ったことになる。

もう充分満喫した!

 

2、は合説とか行っても情報もらえないんだなってことを知って、大学のキャリアセンターに行って、相談できる窓口を教えてもらった。

からここでなんとか不安な気持ちを溶かしてほしい!

後、周りが就活しているからか調べよう!っていう気になって、求人とか見て、どんなスキルが今後必要になるのか、どんなお仕事で人手が必要なのかがわかった気がした。

 

3、は食べ物・アート・メディア・広告・企画に興味があって、

企画とアート以外は全てなんとか経験して理解することができそう。

とりあえず易々と調理を教えてくれたりしないってことはよーーーくわかった。笑

企画はこれからインターンを通じて学んで、アートはダンスとか美術鑑賞とかして高めるところから始めようかなと。

 

後は面接したかったけど、

周りが本気なのを見て中途半端な気持ちでやってはいけない、と思いました。

私自身も海外就職するために国内企業に入るふりをするっていうのに疲れてきた。

嘘をつくと疲れる。

まあ、無理に突っ込まなくていいか。

 

って感じでまとまってきた。

就活は終わったものの、まだ問題があるとしたら

 

本当に海外新卒で自分の就きたいお仕事に就けるのか

そもそも私の就きたい業界、職種ってなに?

ってとこです。

 

そこどうしよう

入ってみなきゃわからないぞ。

 

瞑想 その2

吸ってー

 

吐いて〜

 

大きく吸って〜〜

 

もっと大きく吐いて〜〜〜

 

ヨガのポーズ

 

あなたが中国留学までにしたいアルバイトは何か考えましょう

 

吸ってー

 

吐いて〜〜

おまけ 3

お題「ちょっとした贅沢」

 

今日はですね、

 (喧嘩したての)お母さんと一緒に「俺のフレンチ」行きました。

食べ物につられました。

後はお母さんが私を連れて行きたい、と言うのなら一緒に行こうと思って。

 

おっれの

おっれの

おっれの話を聞けぃ〜〜

 

.......

 

ということで、予約してランチで行ってきました!

 

でさ、頼むのよ。

頼んだんだけど、

たくさん頼んだ割にはお得だし、

特に!!ご飯の美味しさ!!

もう、こんな、幸せなことない!!!

美味しくて美味しくて

想像超えて終始にんまり。

 

写真載せる。

 

だだんっ!!(ワタリガニのトマトパスタ)

f:id:japansg:20170228180900j:plain

だだだだんっ!!(エビのムースのロールキャベツ)

 

f:id:japansg:20170228180839j:plain

そしてフィニッシュはこの

f:id:japansg:20170228180819j:plain

フォアグラステーキ!!!

 

うっふっふ

料理名は覚えている範囲のものです。

写真で美味しさ伝わりきってないので想像力で、お願いします。笑

言えるのはフレンチ初心者でも楽しめる味だということです。

(フレンチ料理って説明してもらわないと分からないお料理のイメージだった)

後食べ物の美味しさとお値段がピタリ、としていて...

例えばフォアグラステーキは1980円、トリュフ付きで2300円ぐらいでした。

お肉ボリューミーだし、フォアグラもでんってのってるし、ロケーションも青山なのにこのお値段はとても幸せ....

シンガポールだったら4000円ぐらいきっとかかるので余計にお得な気がしました。

 

後ちょっとした宣伝

ameblo.jp

もう一つブログ書いています。

食べ物についてです。

見てもらわないと書くモチベーションが上がらないみたいです。

ゆるーーーーーーーーーくこれからまた更新していこうと思うのでお願いします!

ぼやけてる

今日は食品業界の合説に行ってきた。

 

昨日見つけて「海外就職」って書いてあったから即登録

 

一人で行くのって緊張するね

しかも皆専門学生とか転職したい人とか

スキルのある人たちだから場違い感が

とても「あ、すんません」って感じ

 

行ったらあるのは留学生向けで

あまり海外就職は力入れてなかったらしい

いやーん

 

はるばるきたのにー

 

せっかくだから相談コーナーで相談して、

シンガポールに店舗のある会社を1社だけ紹介してもらいました。(合説にはいない)

 

そのまま帰ろうと思ったけど、

せっかく来たし、

9月ー12月の間にインターン受け入れてもらえそうなとこころ探してみようか

と思ってシンガポールにもある有名な企業さんに

お願いした。

 

座って、エントリーシート渡して、

さあ!

.....

 

なんていえばいいか分からなくて止まった。

調理系のインターンしたいなんて

直訳すれば

あなたの企業の技術を盗んで、シンガポールで使いたいです。

って言ってるようなもの。

 

私はただどこまでフードコーディネーターとしてつっこみたいかっていう判断のためと

調理習いたいけどお金も貯める必要あるから、お願いしたいって思ったけど、

言うのすごい抵抗あった。

....

本当のこというと

ここで調理経験させてもらったんだ!って就職の時に言えばうまくいくかなって気持ちも少しあった

...ほんの少しね

 

でも勇気振り絞って言ったら、

やっぱり嫌な顔されて、

特に右の人は露骨に嫌な顔して

心折れるかと思った 笑

 

軽い気持ちでお願いしたインターン

微妙な空気に

 

怖かった。

よくは思わないだろうけど、まさかここまでとは。

って言っても多分私がインターン頼んだからだけではないと思う。

 

きっと考えまとまってないのにインターンしたいってポンって言ったから

気を悪くしたんだと思う。

具体的に何が学びたいのか、何のためのインターンなのか答えられなかった。

調理とかしたいって言ったのに、

「調理って言いましたよね」って受け入れてもらえなさそうに言うから

「いや、なんでもいいです!」って言っちゃったり、

食業界について知りたいってとこを主張したかったのに、

「未経験で....だから調理学びたい」

って別のこと言っちゃうし、しかも失礼なこと。

支離滅裂

 

そりゃあこんだけ熱意持って話しても本気でそう思ってる?って思うし、

「熱意伝われば入れそう」って舐められてるようにしか思えないでしょう、ええ。

 

勇気持って言ったのに

嫌そうな態度取られて悲しかったけど、

何のためのインターン

というかそもそも本当にインターンしたいかまだわからないのに

空気に呑まれて「食品業界に勤めたい!本気です!!」って伝えてる自分にも嫌気さした。

実際調理とかではなく食品企画とかのお仕事も考えてるし、食品業界以外も見ているし。

 

今までの記事とか読んでもらうとわかるけど、

本当に私自身どう行きたいか分からない。

右、左ふらふら行ってはこれでいかん、と真ん中に戻る。

の繰り返し。

 

いや〜〜〜

これ〜〜〜

どうすれば抜けられるの〜〜〜〜

考えてるんだよ、すごく!!

自分は何がしたいのかってすごい考えてるんだけど、

紙に書いたり、こうやって行動起こしてみたり、

本当にわからない!!

精神的にぐらついてるからっていうのが大きいと思うけど、

ここまでわからないと行動しても成果が出ないし、

 

もうどうすればいいですかね。

シンプルに考えるのって難しい。

働くための人生じゃなかった

母と喧嘩して気づきました。

 

最後死ぬときはシンガポールで死にたい。

もしくは帰りたいな、っていざ思った時に自分の生まれ育った国に帰れるようにしたい。

だとしたら一人で生きていけるだけの額を稼がなきゃいけない。

それはとても大きい額だろうから、

日系会社の正社員とかにならないとできないだろう

しかも新卒ではなかなか受け入れてもらえない。

するとインターンをするかスキル(今のとこプログラミング)を手に入れてから

就職するしかない。

って思った。

 

それがいつの間に、

私はインターンがしたいんだ。

プログラミングがしたいんだ。って自分に刷り込んでいって、

自分で苦しくなっているのに気がついていなかった。

 

それでこう言った話を喧嘩してるさいにお母さんに言い捨てたら、

「そんな死ぬ時までのことなんてわからないでしょ!今やりたいこともわかってないのに何言ってるの!」と返ってきまして。

また、「仕事をするために生きてるんじゃないよ!仕事して食べれてればいいじゃない!」

ときました。

ごもっとも。好きなことしていれば人生いいの。

 

私もそういうふうに考えてた時があったのに、

いつの間に働くために何をしようと思い始めたのか。

留学やインターンをしていた間にすり落としてしまったのか。

大人になるって怖いね。

どんどん現実的に考えなきゃってなってた。

 

現実的になることがいけないんじゃない。

現実的すぎて、この道を通るにはこの方法しかないって思い始め、

好きでもないことに人生を捧げることがいけない。

 

将来はシンガポールで亡くなりたいっていう夢(?)だって、

別に正社員になることだけが道じゃないし、

むしろ政策の変わりやすいシンガポールだから、

正社員になったとこで本当にシンガポールにいれるかもわからない。

それなら、

やりたいことだけやっていけばいいのかな、と。

 

どこかで見た名言なんだけど、

 

目標に向かうために辛くても頑張らなきゃいけないって人は言うけど、

それはこれだけ辛かったんだから目標を達成させてよっていう甘えだ

 

だって。

後は、

 

本当に好きなことをやっているのであれば何も苦にならない。

 

と。

(どこでの名言か忘れたからニュアンスだけでも伝われば...)

 

またハッとなった。

多分私が

インターンやらプログラミング勉強して、シンガポールに住めたとしても、

それまでの過程で自分の好きなこととかやりたいことを我慢するだろうから、

仕事が楽しくなかったら、「これだけ我慢して頑張ってきたのに、ひどい」ってずっとイライラするし後悔すると思う。

 

けどもし、

自分の好きなこと、例えば中国語勉強したり、ダンス勉強したり、心ゆくまでやりたいバイトをして、職業も本当に自由に選べたら、

シンガポールで住めなくなってとても悲しくなっても、

仕方ない、そういうもんだ。って心から納得できる気がする。

むしろそれまでに会った人たちにさえ感謝し、

心から楽しい人生だって思える気もする。

 

そう考えたら、

少し縛られてるものから解放された。