ネガティブワード

疲れた疲れた疲れた疲れた

 

なんでネガティブワード言っちゃいけないの

 

辛いんだから辛いって言っちゃダメなの

 

ネガティブワードを言ったら、ポジティブになれない、仕事の効率も下がる、

みたいなことすごい言うけど、

 

だからなんだって話....

なんだって言うか....

わからなくなる....

 

私も一時期ネガティブワードは言わない方がいいと思ってやっていたけど、

どんどん辛くなるし、怒れないし、なんか色々いっぱいになっちゃう。

 

もっといろんな人と話したり、いろんな経験したりできると思うけど、

でもそれでも自分じゃない自分というか、

本当はすごく辛いのに、それを誰にもわかってもらえないっていう空間がものすごく辛い。

 

人に言った方がいいっていう癖して、ネガティブワードはダメとか、

矛盾にしか聞こえない。

 

私はできる人になりたいわけではなくて、

ただ人生楽しいなあって思えたらいいわけで。

もちろん昔は、私のこと見下すやつ全員見返したいとか思っていたけど、

でもそれを目標にすることは虚しいって気持ちがしてきたし、

 

なんかわからない。

ネガティブであることは悪いこと?

どうしてもネガティブになっちゃう時とかない??

 

そもそも皆言うのは

「ネガティブワードを口に出すと、気持ちがさらに疲れて、効率が悪くなる」

 

なんの効率?

 

って考えたら、社会での立ち回りとか、人間関係とか、仕事の出来具合とか

 

正直どうでもいい!!

私はどうでもいい。

上に上がりたいとか思わないし、人に嫌われるのは誰もが経験することだと思っている。

それよりも近くにあるものを大切にしたり、

花を見て綺麗だと心から思える感性の方が私は大事。

 

でも今仕事を始めて、社会の中で働かなくてはいけない。

私はどうすればいいんだろうとか思ってしまう。

 

ポジティブになりたくないわけではない。

私だってポジティブの方が人生楽しくなるんだろうなって思っている。

でも、ポジティブになることで失うものが私は失いたくない。

 

ポジティブでいよう、と暗示かけるのが疲れる。

疲れている、という気持ちを無視することがさらにきつい。

ポジティブ、ネガティブとか...中立にはなれないのかな。

 

言っていいことと悪いこと

がわからない。

 

皆と違う方法で入ってきたから、わからない。

 

例えばさ、日本では会社に入ってから自分の部署がわかるみたいだけど、

それっておかしくないですか。

ある仕事がしたくて、皆その業界に入ると思ったのに。

だからそれを覚悟で入っているのに、

 

いざ私が人気の仕事に就いていると、

空気が重くなるとどうすればいいのかわからない。

その、私の思い違いかもしれないし、考えすぎかもしれない。

 

けど、なんか、そういうことをいちいち考えるのめんどくさい。

しかも、なんか距離が開く感じをすごい感じる。

 

私の勘違いだと思いたい。

でも客観的に聞いて、自慢っぽくも聞こえるものな....。

 

でも正直言って私も辛いのよ、自分の思っていることが言えないのって。

就活の時と一緒でさ、

皆はどこの部署に働くとか、保険の試験勉強どうだ、とかそういう話できるけど、

私はできない。

内定者旅行、冗談抜きで私は行きたかった。

 

だって、そしたらもっと自分と一緒に働き始める人のことを知れるから、

仲間だってできるし、

研修始まるときに緊張することもなかった。

なんか一緒にいさせられてるのに、すごい疎外感ある。

 

でもそれは周りからしたら自慢にしか聞こえないのかなって。

これだけ就活頑張ったのに、なぜこの子はいとも簡単に終えて、収入も高くて、皆のしたい仕事をしているんだって。

どうせ今の会社は入れたのも、お金があって、多国籍で、恵まれているからなんだなって思われているのかなって。

 

思うと、なんか申し訳なくて、

もうその通りって感じなのよ。

その通りだけど、なんか違うというか、

皆日本を中心に考えているからそうなるんだと思うけど、

逆にいうと、

シンガポールでは好きな仕事を選ぶのは普通だし、自分のスキルが高ければそれに合った仕事をする。

つまりは、合わないって思われたらすぐ切ることだってできるのよ...。

 

そういう話をもっとしっかりすればよかったのかな、皆に。

でももう顔を見ていると嫉妬でいっぱい、というか。

言い訳っぽく聞こえたら嫌だし。

 

なんか疲れた。

そんなことばっか考えていると。

 

重役につくこと嬉しいと思っていないのよ。

そういう名前がつくことはやっぱり誇らしいし、そこは嬉しいんだけど、

でもどっちかっていうとボソボソとお仕事したいし、

尊敬されて「ははーっ」ってなるよりは、

年齢関係なくカジュアルに話してほしい。

 

もうなんか疲れた木にするの!!!!

 

マナー研修受けました

きっと企業秘密的なことで、あんまり公に言ってはいけないのかもしれないけど、

とりあえず書いて見ます。

 

今研修中で本当に周りと馴染めず、

というかなんか怖いのよね、皆。

いつもお互いの目ばかり気にしている感じ。

それで私が本音ぶつけるとなんでそんなこと言うのって感じで黙っちゃうし、

もうだったら何話せばいいんだって。

 

それは置いといて、3日間マナー講座ありました。

軍隊みたいに変な発声練習をさせられたり、いじめられたりするので有名な

あのマナー講座です。

本当にきつい。

きついのわかっていたけど、やっぱりいざやって見たら

すごいきつかった

きつくて、本当にダメになるかと思った。

気持ちが持たなくて、本当に持たなくて、

ボロボロで、でも3日間続くからやらなくちゃいけなくて

逃げ出したいけど、でも何かいいことあるかもしれない、

自分が抱えている問題に衝突できるかもしれない、と言う思いで乗り越えて見ました。

楽しい、と思えなかった。

終始楽しいと思えなかった。

その、頑張るぞって言うやる気はでて来たし、

久しぶりに明るい気持ちになれた。

 

でも大学生の時と一緒で、辛い。

明るい気持ちで、周りに人も増えたのに、

どこか心の中では悲鳴をあげていて、辛い。

もっと自分の気持ちを周囲に伝えればよかったのかな。

十分伝えた気もするけど、

他の人と比べてそうでもなかったかもしれない。

 

だから明るくなれて嬉しい、よかった。

人に話すときにより安心感を持ててよかった。

でもこれからどうすればいいんだろう。

 

とりあえずは宣言したように行動することだな。

すごい思ったのは、

不安とか恐怖とかが先に来ちゃって、いつの間に全力でやる方法を忘れてるんだよな。

自分で限界決めつけていたんだな。

確かに発達障害の時に結果出ていたけど、

別にあれは能力を測るためのものじゃなくて、発達障害かどうかをチェックするものだし、

あの時私最高に病んでいたし。

だから、「私は皆よりできない」って言うスタンスではなくて、

「私はできる」って強く思って、頭をオンにすればいいんだな。

でもすごい自分でもびっくりした。

私は本当にずっと自分はできない、人より劣っている、皆がクリアできることを私はできないって思っていたんだよね。

それは競争意識が低いってのもあるけど、

でもそれだけでなくて、そこに甘えていた部分はきっとあったんだと思う。

もちろん自分はぜんっぜん甘えてるつもりないけど!!!!

でもきっとそうなんだなってことは審査で思ったさ。

あんなにできないって思って、一日も経営理念にずっと詰まっていたのに、

行動規範はすぐできた。

んでもって、記憶力の問題だけじゃなくてさ、

私どっちも覚えていたんよ。

経営理念も行動規範も同じぐらい覚えていたのに、

助けてもらってやってた時、どうしても怖くなって途中から言えなくなるんよ。

行動規範も同じ感じだったのに、

自分のゾーンっていうの、入った後はスラスラスラ〜って出るから

あ、本当に人の目を気にしたりとか、自分はできないっていう思いがあるから、

だから覚えているはずのこともスラスラと出ないし、

覚えようとしても、そこが気になってうまく言えないんだなって

実感した。

だからびっくりして、

思い込みって怖っ。

いつからそうなってたんだろうって思ったけど、

挫折した時からかな。

でも挫折した時ももう焦ってできなかったから、

ずっとだったのかもしれない。

上智にいた頃から、純粋に頑張ろうっていう気持ちよりも

皆に追いつかなきゃっていう気持ちの方が大きかったのかもしれない。

 

とりあえず、それは大きな気づきだなって思った。

これから頑張ろうって思えるようになった。

もちろん頑張りすぎはしないけど。

 

さて、ですね。

今私は自分のネガティブな感情に突っ込むのが怖いです。

今せっかく明るくなったのに、私はまた暗くなってしまうのではないか、と。

でも留学を経てやっぱり思ったけど、

ネガティブな感情もしっかり味わい尽くさないと、

本当に心から楽しいって思えないんよね。

だからネガティブなことにどっぷりはまっても、明るく入れるようになりたいな。

 

なりたいなっていうと怒られたから、

明るくいます、

とここで言っておこう。

 

でもそんな感じよ。

 

本当に辛くて辛くて仕方なくって、

でも誰にも言えなくて、

というか自分でも何をどう思って、そうなっているのか説明できないぐらいこんがらがっていて、

というか赤の他人でしかも初めましての人にさ「なんだそれは?!」「店頭に立たせられるか心配です」とか言われたら、「お前は何様だ!!!!」って思うわ

年齢関係なく。

 

というかそんな面と向かって言われることなかったし、

いや、たくさんあったわ、運転免許の時とか

ボロクソ言われた

それ思い出した

アルバイトのことも思い出したし、

マレーシアンレストランでも頭空っぽって。

 

自分ではわからなくて、

なんでそんなことを思うのか。

私は全力でやっているつもりなのに、

なぜそんなこと言われなければいけないんだって本当に思って。

だからすごい怒りが止まらなくて。

 

色々考えました。

本当に。

 

パーソナルプロジェクト

最近、周りに勧められた本やドラマを読んでいたら、

ハマってきて、

色んな本を買って読んでみたり、ドラマも珍しく別のをみたりと、

楽しんでいます。笑

 

まあ、暇だからって言うのもあるのですが。

もう入社まで1週間!

緊張します。

ずっと家で引きこもって、寝たりしていたので、

こんな調子で毎日働くなんてできるのかなー、と少し不安です。

 

でも、まあ、きっとなんとかなるでしょう。笑

 

それでですね、

今読んでいる本が、心理学に近い自己啓発本で、

あなたは誰?って言う本です。

英語の本で「Who Are You, Really?」って言うやつ。

 

TEDが元になっているみたいで、結構話し言葉に近いスタイルで書かれています。

 

んで、前に読んだ7つの習慣って言う本にもあったんだけど、

パーソナルプロジェクトって言って、自分がこうなりたい、こうしたいって言うことをリストにして実現して行く、と言うもの。

 

この本ではですね、

「パーソナルプロジェクトは具体的なものの方がいい。そしてネガティブよりもポジティブなものの方が人はやり遂げやすい」と書いてありました。

 

確かに。

私もここ数年、こうなりたい、こうしたいって言うのはあったけど、

具体的にどうすればそうなるのかわからなくて、

頭抱えて終わっていたんですよね。

 

だから、もし今目標を持っているなら、

一度見直してみるといいのかもしれない。

 

ちゃんと具体的で達成できるものなのか。

やりたい!って言う気持ちでやっているのか。

 

いや、未だに具体的に書けてないので、

人にアドバイスするような立場ではないのですが笑

 

でもそう言うことらしいです。

「地味にスゴイ!」

今更ながら「地味にスゴイ!」というドラマを見ました!

 

石原さとみ主演で、後の彼氏役に菅田将暉

もう〜〜〜〜、可愛い代表とかっこいい代表が出るドラマなら見なければ!

 

というのももちろんだけど、

ちょうどオフィスワークについてのドラマっぽかったので見ることにしました。

 

どこまでも真っ直ぐな河野悦子が、

自分の好きな仕事とは全く違う「校閲」っていうお仕事をしながら奮闘するっていうお話し!

 

今仕事をしている世代なら誰もが考えたことのある、

「自分の好きな仕事を追い求めること」についてが描かれています。

 

私もやっぱり悩んでいるんですよ。

自分がしたい、と思っていた仕事と今回始めるお仕事は、

違う業界だし、やっていることも少し違う。

だから、このままやって、まあ、この仕事でもいっかってなったら、

私は後悔するのかな....って思ったり。

 

個人的に河野悦子のバッサバサ自分の意見を言うところ、

周りの考えなんか御構い無しって言うところが、

自分とすごい被っていて、

んで、私はバッサバサ行くことに悩んで、

自分の意見をできるだけ柔らかく、同調するようにした方がいいって考え始めていました。

 

だから河野悦子を見ながら、

「あーあーあー、これ現実でやったら引かれるやつだ。私は引かれたわ」

「あーーーー、耳が痛い、心痛い。私もやった、うわー」

とか思いながら見てました。笑

 

でもそんな河野悦子を見て、

周りが変わっていったり、尊敬の眼差しで見ているところを見て、

本当にこんな風に皆思うのかなって思う反面、

自分らしくいてもいいのかなっていう気分にもなりました!

 

本当に現実でバッサバサ言えば、菅田将暉みたいなかっこいい人が現れるのか....。

いや、その前に石原さとみ級の可愛い人でなければあかんか....。

 

それで、似ているからこそ「私も悩んだ!」って言うことが出てきて、

それは二つのことを同時にできない、と言うこと。

 

今自分がやっていることと、

本当に自分がやりたいこと。

 

本当に自分がやりたいことをやりたいのに、今自分がやっていることで時間とっちゃって、チャンスを逃すって言うシーンがあるんです。

 

河野悦子がそれで「私は中途半端だ」って言います。

そこに、編集者のタコが

「お前は中途半端ではない。お前は校閲のお仕事と(自分のやりたい)お仕事を天秤にかけて、校閲のお仕事をとったんだ。それで校閲のお仕事をやりきった。お前は中途半端なのではなく、目の前のことに真っ直ぐに取り組んでいるんだ。そんなお前を皆が好きなんだ」

みたいなことをいっていました。

 

なんか救われる。

多分私だけではないんじゃないかな。

 

やりたいはずなのに、全然取りかかれなくて、

自分は本当にこのお仕事好きなのかなって悩んだり、

 

やることが多すぎて、好きなことできなくてイライラしてきたり、

 

本来やることがあるのに、好きなことばかりやりすぎて、本職がおざなりになってしまったり。

 

そんな自分を責めなくていいし、

ただそういう性質を自分は持っているんだなって納得しました。

 

だから今好きなことに全くつけていなくても、

それは好きじゃないってことにならないし、

むしろ今は目の前のことに集中する方が大事だったりする。

 

フードコーディネーターになりたいって言うモヤモヤした気持ちを持って、

お仕事に取り掛かるぐらいなら、

 

もうフードコーディネーターはやらないってぐらいの気持ちで、

今のお仕事に集中して行く方が大事かもしれない。

 

二つやって、中途半端になってしまうなら、

一つ一つね。

将来どうせフードコーディネーターになるんだって思ったら、

頭の中ぐるぐるしていたのが少し軽くなりました。

 

だからなんか、そうね、

悩みすぎたんだわ。

 

フードコーディネーターになれなかったらどうしよう、

なんて思っていたけど、

なったら自分の思った通りになるとは限らないし、

だからそれなら今自分の目の前にある仕事を精一杯こなして、

後から考えた方が効率もいいし、

私ももっと素直な気持ちでいろんな仕事に取りかかれるような気がした。

 

そんなことを、色々と考えさせられるドラマでした!

またオフィスに行くのです...

明日またオフィスに行って、社長さんと会います。

 

距離感がわからないのが大変です...。

 

こう、ういっす!っていう気持ちで話していいのか、

それともかしこまる必要があるのか。

服も、前ハイヒール履いて行ったら、

カツーンカツーンっていう音が響いて嫌だったんですよね...。

皆見るし。

でもそれしか靴がなかったから仕方なかったのですが、

結局欲しい靴も見つからなくて、

またカツーンカツーンしに行きます...。

 

はあ。

なんか考えちゃうんですよー、どうすれば馴染めるんだろうか、とか。

自分と同じ帰国子女の集まりなら良かったけど、そうでないし。

 

うわあああああああ

アイデンティティが分からないことがある

考えすぎたとよく言われます。

でも、私みたいに考える人もいるんじゃないかな、と思ったので書いてみます。

 

このブログを読んでいる方はきっと、私が多文化な環境で育ってきたこと、人付き合いがうまくできなくて、努力してみたことを知っていると思うのですが、

 

たまに自分が誰だか分からなくなることがあります。

 

例えば、香港人と日本人とご飯を食べに行ったとき、

香港は基本皆でシェアしようって言う文化を持っています。

一方、日本は個々で食べるものだと思うんです。

 

香港人からしたら、きっとなぜ日本人は「分け合う」と言う優しさがないのか。回した方が色々と食べれるのにって思うかもしれないし、

日本人からしたら回しあうのは行儀が悪いし、自分の好きなものをなぜ分けなれければいけない。って思うかもしれない。

 

そう言うところから、

香港人は「好きなものは分け合う」

日本人は「個々を好む」

みたいにアイデンティティが分かると思うんです。

 

でも、私の場合は、状況に合わせるので.....

困りました。

日本人の友達は、「え、シェアしないの?」って顔してるし、

香港人の友達なりたては「え、皆で食べるの?」って顔してるし...

結局一回回してから私は一人で全部食べました。

 

すっっっごい細かいことだけど、自分が何したいかが分からなくなってくるんです。

私は正直、一人で全部食べたいって言う気持ちもあったけど、他の人のを食べたいって言う気持ちもあったので、どちらでも良かったんです。

でも、もしここで分け合えば、日本人の友達は「え、ユキは日本人じゃないの?」ってなるし、

分け合わなければ、香港人の友達は「ユキは思っていたほど中華人じゃなかったのかもしれない」って思うかもしれない(ハーフです)。

 

私はどっちでもあり、どっちでもないんです。

だから、私の行動一つで「私たちとは違う」と線引きされることが嫌で、

なんだかいたたまれなくて、流れに任せてしまいます。

 

何も文化だけの話でなくて、

例えば、温厚な人でも、イライラするようなことが毎日起きて、

それが慢性的になったとします。

 

そしたら大切な人に八つ当たりして、傷つける行為に走ったり、

本当は出かけるの好きなのに、疲れて家に引きこもったりし始めたとします。

 

あれ?自分は温厚だと思っていたのに意外とそうではないのかもしれない、となると思うんです。

 

環境が変われば人も変わる、というものでしょうか。

でもそんなこと言っていたら本当の自分ってどれってなってくる...。

 

イライラしていたから、攻撃的になっていたのかもしれない。

でもイライラしていても、温厚なままの人だっている。

と言うことは、元々自分は攻撃的だけど、環境が良かったから分からなかっただけ?!

とか思うのです。

 

なぜこんなことを考え始めたかと言うと、

これから自分がどう生きていくかにすごい影響すると思うんです。

 

今まで自分は

「日本人として」

「学歴に劣らない性格として(ポジティブシンキングを心がける、他人の気持ちを大切にする、人付き合いをたくさんする)」

「過去のトラウマをなかったことにして、新しい自分として」

と言うことにこだわって、生活していたのですが、

 

でもそれって

日本人でない自分の一部を切り取ったりして、ただ本当の自分を隠しているだけです。

 

それは誰でもしてしまうことだと思うんです。

自分をよく見せたくて、

本当はお金持ってないのに、シャネルのバッグ見せて金持ちをアピールしたり、

愛して欲しいから「愛している」って嘘をついてみたり....。

 

でもそれって結局、寂しいんですよ。

そういうのって相手に伝わると私は思っています。

だから、やっぱり相手もアピールを始めるし、嘘だってつき始めると思っています。

伝わらなかったとしても、心のどこかで「この人は本当の私を知ったら、逃げてしまうのだろう」っていう恐怖とずっと戦うことになると思います。

 

AでもBでもダメなら、間に立つCを作ればいい。

とカウンセリングの人に言われました。

 

ずーーーーーーーっと考えているんですよ、Cはどうすれば成り立つのか。

 

シャネルとトートバッグの間をとって、サマンサタバサ、とかそう言うわけにはいかない。

 

私の話に戻すと、

私は日本人として育つべきして、一流の企業に入れるような教育をして育って来た。

逆に言うと、それ以外の道を私は知らないし、あるのかも分からない。

 

強くなりたいと願っていたら、友達はできたけど、

相手の気持ちや思いをじかに感じられなくなった。

駒みたいに見えるんです。

だったらCを、強くなりたいと思いすぎず、相手の気持ちを大切にする。

するとですね、次は相手の言葉や考えで、気持ちがすっごい左右されるようになったんです。

 

今までは、自分の好きな人と楽しく遊んでいたんですけど、

それをやめて、色んな人と関わる代わりに線引きをした。

それを今色んな人と線引きをしないで遊ぶって言うことなので、

すっっっっごい辛いです。

もうトラウマがどんどん流れてくる。

後、実際私は嫌われやすいと思うんです。

だから、このままだとまた中高生の時みたいになるって怖いんです。

んで、しかもそろそろ働くので、

毎日好きでもない人と顔をあわせるんです。

こんなジェットコースターに乗っているだけではダメで、

だからもし今の職場に行きたいのであれば、

私が今持っているCではうまくいかない。

 

だから分からない。

うまく社会で生きて行きたいけど、ちょうどいいCが見つからない。

Cが見つからないから、AとBの間を行ったり来たりして、

自分が誰だか分からなくなっています。

 

社会でうまくやらないって言う方法もあるけど、

それではデメリットが多すぎるや。