プロ意識

よく新卒の人が「学生気分が抜けていない」と言うセリフを言われるなんてシチュエーションがあるけど、

どういうことだ。

 

働いていて、ミスをしていないのならそれは社会人気分なのでは....。

 

と思っていたんだけど、

最近自分で稼ぐのも楽しそうだなって思って、

そしたら色々案が出て来て楽しくなって来た。

おお、楽しいぞこれは....!

 

って思っていたのもつかの間、

ベッドについたらすぐ寝っ転がってゲームがしたくなる。

いやいや、でもここでパソコンに向かって、稼ぐための準備をすればきっとずっとパソコンをいじる。

どっちを選んぶだ....どっちを選ぶんだ!

 

....寝っ転がりました。

 

これが学生気分っていうやつですね...。

多分絶対にこれをしなければお金がない!っていう気持ちでいないから、

寝っ転がったわけで、

だから「学生気分」が抜けていない、というのは

お金を稼げなくなったら...っていう危機感がないことを言うのかな

 

なんて思いました。

知ってるよ!

今日教習所に行ったのですが、

 

駐車だけは上手いのに、その他で危なっかしいミスをいつも繰り返します。

横断歩道が赤で車が来ないのに進まなかったり(赤で来ていないのが見えていなかった)、

バックミラーを注視するように言われていたのぬ、時間が経つと忘れていたり、

見極め忘れたり....

 

駐車を前に教えてくれた人がとてもフレンドリーで、

「ええ、こんなにうまく駐車できるのに外はダメなの?ええ〜〜。」

ってこう、頑張ってよ〜〜。みたいな感じで言ってきた人が今日担当だったんです。

 

うわ、やっちまった、って私は思いました。

外に出るとミスが多くて、すごく注意されるし教員の方と関係悪くなるので、

駐車で仲良くなったならそのままが良かった。

でも仕方ない....。

 

そして案の定ミス連発。

私がリラックスできるようにって色々と話しかけてくれたんですけど、、

もう私は今までのトラウマで顔色変わっちゃってるし、

ミスするたびに自分を責め始めた。

しかも教員の方もきっと思っていることを少し面白おかしく言う人なので、

どんどん言葉がきつくなっていく...。

 

「今のミスは死にたい人がやるようなものだよ?まだユキは生きていたいでしょ?頼むよ〜。」

「ええ??そんなミスしたら卒検に行かせられないよ?なんでそうなるの?」

 

と。さすがに言われっぱなしでヘラヘラできないし、私だって辛くなるので

「自分でもなぜ今こうなったのかわからないです!笑」

って言ったら

「それはこっちのセリフだよ!笑」

と言われてしまって、そんなに大きなミスしてなくてこの会話だったら楽しく済んだのに、私がしているミスは本当に事故を起こしかねない。

のでお互い半分本気で言っていたので笑えず。

 

でもだからと言って、

「こういうのは性格に出るんだよ?というか人として問題があるよ!」

って言われたら....。

 

そんなん知ってる!

というか言わなくていいじゃん!!

真顔で言われるよりいじられて言われた方が傷つかないし、空気も柔らかくなる。

この人もいじる人なんだなって思って、私は何も言わなかったけど、

さすがにそれは、言っていいことと悪いことあるよ。

 

すごい傷ついた。

やっぱり仕事とかこれからの人間関係とか悩んでいて、

でもそれは今まで努力してなんとかならなかった部分で、

そこをなんでやればできるのにやらないの?っていうふうに言われると、

すごく辛い。

今までの頑張りを否定されたような。

もちろんそれは生活だけでなく、運転でもそうで、

注意されたことは一つ一つ直そうとして、実際にマシにはなってきている。

ただどうしても親とのことがあったり、うまく寝れなかったりすることで精神的に疲れている部分が大きいし、直そうとしているのにどうしても治せないっていうのは小さい頃からあった問題だし、

自分でもどうにもできない部分を責められるとどう言えばいいのかわからない。

 

もしかして責めたんじゃなくて、普通に言っただけかもしれないけど、

でもすごくイラってした。

 

駐車もやっぱり運転する順序を忘れちゃって...

「ええ??前教えたのに忘れちゃったの?あれだけ頑張って教えたのにー....」

って少しイライラしながら言っていて、本当に なんでってがっかりした感じだった。

私もなぜなのか知りたい。

わざとじゃない。

 

なんて言えばいいのかわからないけど、覚えたい気はあるのに、

私の体と精神が追いついてないというか。

 

ただただ、ああ、辛いなって。

なんで赤の他人にここまで言われなきゃいけないんだろう。

なんで私は反論できない立場に置かれてしまうんだろう。

なんでただ2回目に会って、楽しく運転を終われないんだろう。

なんで覚えようとしないんだろう。

なんで忘れちゃうんだろう。

なんでたった1時間の運転で傷つかなきゃいけないんだろう。

 

もうただ なんで なんで

 

 

どうすれば安心して正社員になれるのか

今の問題は、来年3、4月にきっとお仕事が見つかるだろうけど、

本当に見つかるのか、見つかってもうまく働けるのか心配で

今やっていることに手がつかない状態だということ。

 

絶対見つかる、と言い聞かせて聞くの一番ベストだとは思うのですが、なかなかそうはいかない。

 

1、正社員のようなインターンをする

数をこなすことで経験値が上がるから自信にも繋がるかなって思った。これはお金も入るし、正社員になった時にやりやすいと思う。

問題は、精神面で果たして働きながら自分のしたいことができるの、ということ。インターンでのめり込むことになったら、きっとオンオフつけられなくてずっと仕事のこと考えていそう。後は、数をこなせばそれだけミスもしやすいし、それでまた自己嫌悪に陥らないか不安。

 

2、瞑想

どうすれば相手が自分を責めているかのように感じずに済むか。また、どうすれば言われたことを実行に移せるのか。考えすぎないように瞑想に持っていけば、気持ちが落ち着いて目の前のことを実行できるかなって思った。

これも問題があって、瞑想するってことはそれだけ中で何もしない時間ができるってこと。一人でいるよりもいろんな人と交わった方がもちろん自分は成長するから、どうすればいいのだろうか。後は根本的な問題解決につながるのかわからない。

 

3、今から仕事を探す

人材会社の人には仕事は始めたい月の2、3ヶ月前でないと受け入れてもらえない、とは言っていたけど、そうでない会社もあると思う。だから引き続き調べてお仕事をもらえば、一安心するし、きっとその会社で生かされるであろうスキルを身につけよう!って前向きに行動を始めることができる。

問題は見つかるか....笑

 

という感じです。

全部やっていくしかないですね。

ただすごい思うのは、こうやって悩んでいる時間が本当にもったいないのに、動けずにいる今の状態がとてつもなく嫌です。

早く、早く。

 

父と話しました。

昨日あることが発端で、進路について父と言い合いになったんですけど、

友達の「親にやる前に話してみる」と言うのを思い出して、

 

一回父に自分の思っていることを、自分でもわかっていないけど電話で話していきました。

やっぱり否定の嵐....と言うか話しずらしてくるんですよ。

私は自分は人と違うなら違う道を行きたい。だから就職はもう少し先、

と言う話をしたのに対し、父はずっと、

一般論から言うと、今ごろ就職しているはずだ、としか言いません。

 

もうそこの話はわかったから、私の話聞いて!!

電話で「いつもお父さんはわかってくれない、って言って話を切るのはそっちじゃないか!誰でもお前の考えてることわかると思うな」

と言われたけど、だってそりゃあ「なぜ自分は人と違うと感じるのだろうか」「なぜその道を選んだのか」とか聞かずに何度も自分の主張ばかりしてるからでしょう!!

全部わかってほしい、とは思っていないけどせめて理解しようとする姿勢を見せて欲しかった....。

 

とにもかくにも、できるだけ自分抑えて父の話を聞くようにしたら、

父が治ったのか、私が治ったのかわからないんですけど、

「もう少し気楽に考えればいいと思う」

と言う風に言われて納得しました。

私自身も話して言って(すごく疲れたけど)、なぜ自分はこんなにも専門職にこだわるのか、なんでここまで悩むのかがわかったような気がします。

 

ミスなんて誰でもするわけだけど、やはり自分自身はそのミスが尋常じゃないし、

自分も注意されっぱなしで自信なくすし、

それが普通だなんて言われたらそうなんだけど....

もし好きでもないことをやっていたら、

ミスばかりして、自信なくして、やる気なくして、本当に心身ボロボロになって20年間働くのでは。惨めな一生を過ごすんじゃないか。

と感じています。

 

だから自分の好きなことを専門にして仕事をすればいいのでは、と思って専門職も考え始めたんですけど、

専門職に就きたいなら年齢的に今が行動のトキだと思ったんです。

 

でもよくよく考えたら、専門職でどれにしよう、今日は栄養士になりたい、明日はライターになりたい、とかって言っているあたりからきっと私は本気で好きではないのかもしれない、と思い始めました。

もちろん「逃げ」で、専門職がやりたい、って言ったのではないけど、中途半端な気持ちでやっても辛くなる気がする。

 

後、父が「とりあえず(正社員として)働いてみろ。それからだ。シンガポールで転職なんか15、6回している人だっている。よりいい条件を求めに来たりする人とか。だから自分に合わなかったら次行けばいいし、絶対に自分の好きなこと、やりたいことに向かう」

「人によってそれは5年、10年かかるかもしれない。それをお前は今すぐやろうとしている」

 

と言いました。

その通りで、きっとカメラマンになりたい人は、カメラを買って、写真をとって、コンテストに応募したくなって、それで生きがいを見つけて、カメラマンになるものだろうし、

それを私はカメラ買って、生きがいにしたいから、写真を撮ってコンテストに応募している、

と言う風に順序が逆だったのかもしれない。

フードコーディネーターとかも、本当になりたいなら、きっとここまで必死に考えるものじゃなくて、気がついたら調理のアルバイトして、気がついたら食関係のお仕事をしていて、気がついたら食べ物好きになって、料理教室に通い始めて、って自然となっていくものな気がした。

 

だからなっていない私は本気でなかったのかもしれない。

...これから本気になるのかもしれないけど。

 

後ですね前に、正社員になってから専門学校行くかどうか決めるって決めたのに、

ずっと行動できずにモヤモヤしていたのは、きっと正社員になるまでの間、

シンガポールで正社員になれるだけのスキルや能力を何も持っていないどころかマイナスなのに、本当に準備しなくていいのか怖かったんだと思います。

皆はもう就職先あるから思う存分遊んでも大丈夫だけど、私下手したらただの無職で人生終わりかねない....。

でも一方で個人的にやってみたいこともたくさんあって、でもそれをしていたら本当人材としてのスキルは養われないわけで.....すごく不安で思い切れなかったんだと思います。

 

父の言った通り、流れに身を任せて、って言うのをやってみようと思います。

 

次の記事では、

どうすれば、安心して来年の正社員の就職ができるのか、について話したいです。

 

「親御さんが心配する気持ちがわかるよ」

よくバイト先の副店長やら、知り合いの方と話していると

地に足がついていなくてフラフラしているのに、頑固っていうイメージがあるみたいで、このまま社会でやっていけるか不安、ということでよく

「親御さんが心配する気持ちがわかる」と言われます。

 

でもまさか...ねえ...友達に言われる日が来るとは笑

びっくりしたー。

友達にもそう言われたら...もうそうなんだ、と思うしかないけど...。

 

と言っても、今の私の状態は健康ではないし、

今の私を見て言っているんならそうだな、とは思った。

んだけど、きっとそうではない部分もあるんだなってすごい思って。

 

きっと私がうまく自分のしたいことを答えられなかったり、

事前に全て決めてから報告するとか(1ヶ月に1回は会っているのに、上海でインターンするかもしれないってこと、来年の2月まで日本にいることを報告していないことに驚かれて、事前報告に心配された)

 

特に私の親に上海のインターンについてやんわりとしか伝えてなかったり、自分自身もどんなインターンかをまだ調べていなかったり。それでもって、あれ、おかしいぞっていう部分に友達に言われるまで気づかなかったり...。

 

うん、私のことが心配になるだろうな。

 

と言っても、事前報告ってするものなのかなあ。

私は親がうるさく、しつこく言ってきて、嫌になるから事前報告するようになったんだけど、友達にはどこの親もそんなもんだし、それはしっかり言わなきゃって言われた...。

 

どうなんですかねえ。

 

うーん、なんかそうだなあって思って、お母さんに歩み寄ってしまったら、一生干渉して来るような気がする。

でも友達曰く、逆に何も教えてくれないから心配で干渉したくなるのでは、って言われた。

なるほど、それもある。

 

うわー、なんかもうわからないです。

友達に考え方がハワイアンなんだねって言われたけど、

ええ、ハワイアン.....ハワイアンなの......。

 

私はどうすればいいのかしら

私のハワイアンな性格はそのままでいいと言われたけど、

私は具体的にどうすればいいのw

もっと親にオープンになる?

いや、無理無理無理、もうそれ考えるだけで怖い。

 

ただでさえ、最近卒業したばかりで私がハッピーになっていろんなこと話すだけで、

すっっっっっごい私のこと見ているからね。

具体的に言うと、もうドアのバタンが聞こえた瞬間に「おかえり!」

朝起きてリビング行って、朝ごはん取ろうとした瞬間に、

寝ている体制のまま「パンは冷蔵庫にある」って言って、また寝に入ったり。

 

普通に怖い。

私は怖い。

もうずっと監視カメラをつけられているような気分。

伝わりますか?

 

オープンになったり、もっと親を安心させるために全部教えてって言うのわかるけど、

本当にうちの親は怖いんです。

 

友達にも言ったんですけど、

一度1週間でいいから住んで見たらわかります....。

 

親にオープンはきついよ.....。

でも後はどう言うこと言ってるんだろう。

ああ、親にも言われたことで「そろそろ考え固めた方がいい」みたいなことを友達にも言われたなあ。

 

考え固めるも何も、どうすれば固められるの....。

それで悩んでるんだけどどうすればいいのかしら。

親と離れているときは自分の考えってまとまりやすいのよ....。

でもそんなうまく人生いかない。

 

もうわからないーーーーーーーー。

 

 

途中報告

明日卒業します。

 

なぜかもう緊張しています。

 

もうなんか今までの4年間の苦楽思い出すと、

ああ、頑張ったなって思うし、

この先本当にもう親の言う通りに動かなくていい、と言う

自由と自由がありすぎる不安を感じています。

 

特に今ワクワクしていると思うのですが、不眠症で肩のこわばりの方が気になっています。

というか人間関係でも色々しくじっているので、皆と顔合わすとき、どう話せばいいのか考えると不安です。

 

でも...良かったのかな。

前に今の大学行かないでそのまま専門学校か栄養系の大学に行っていれば良かったかな、なんて言っていたけど、

ヘアサロンの方と話した後に、なぜ結局今の大学に行ったのか思い出して。

どうしても英語と中国語が学びたい、女子大に入りたくないって言うわがままもあったなあって。

そして英語と中国語も使う仕事に就きたいって思っていました。

 

散々親のせいでこの大学に行く羽目になった、

自分の能力に見合ってないレベルの高い大学に入ってしまった、なんて思っていたけど、

きっと私はこれで良かったんだと思います。

 

ヘアサロンの方と話して良かった。

なんか自分のやったことは間違っていない、と思えてきました。

 

そして私が英語と中国語を使いたいって思って、次に思ったのが

バリバリ働いている自分。

多分私は、周りの子みたいに働きたいんだと思います。

なのに、自分の能力や働きっぷりからそれが叶わないかもしれない、と思い始めているのかも。

 

でも、だからと言って、

叶わないからと言って、栄養関連の職に就きたいって考え始めるのは違う。

もちろん栄養も芸術も好きですし、仕事にしてみたいっていう考えはずっとあるのですが、

私は大学の時点で、栄養より言語を取ったんだと思うと、

多分私のするべき仕事は栄養士やフードコーディネーターになることではなく、

それを駆使して何かをしたりすることではないのかと思ってきました。

 

実際にインターンする前までは、

私はシンガポールと日本の架け橋になりたい、と思っていました。

.....多分それが私の一番したいことなんだと思います。

それが、きっと、インターンでみた光景があまりにも自分の思っていたものと違くて

ショックだったんだと思います。

そんな本当に助けてあげるっていうものではなく、

自分は三ヶ国語話せて、助けることができるし、それで儲かって、趣味に費やせるっていう不純な動機が垣間見えて、

しかもそれを周りは知っているのにただ淡々とビジネスをする大人たちが私は怖かったです。

 

私はビジネスにも愛があると思っていました。

もちろんお金も大事だけど、

人材派遣なら、人と人をつなげるのが好きだったり、

輸入、輸出業だったら、輸入輸出先に貢献したいとか。

不動産屋だったらビルを子供みたいに尊敬して扱ったりとか。

 

会社にいる人がカッコよくて入ったとか、雰囲気が好きだから入ったとか

そういうのもあるけど、仕事を愛せずには働けない、と思っていました。

だって、そんなの、仕事を愛せずに、同業者に愛されますか?

ビルを作るのにだって、苦労と愛が必要だと思っています。

だからそれをわかってくれる人にビルを渡したいと思います。

それを愛しもしない、ビルの構造なんて売れやすければどんな素材だっていいんだって思う不動産屋に渡したいって思うのですか?

私なら渡したくない。

お金多めでも、売りづらくてもいいから、しっかり尊敬してくれる不動産屋にお願いしたいです。

 

わかんないけど、そうやって人はつながって行くものだと思ったんです。

「あー、この建物ならこの値段で売れるよ。(あー、これすぐ売れるな。儲かる)」

「おお!お願いします(儲かる)」

 

ではなく、

 

「あー、この建物ならこの値段で売れるよ。(これだけしっかりしているならきっと高値で売りたいけど、きっと世の中はこれぐらいだな)」

「おお!お願いします(お客さんがこれで喜んでくれるなら、高めがいいけどこれでいっか)」

ってなるものかと思っていました。そうやって、ビルをお願いする人も、不動産屋の人も愛で繋がって、さらに愛が伝染して、不動産を案内する人やお客さんにまで行くものだと思っていました。

 

だから私は怖かったです。

インターンの時淡々とビジネスをしていた、ということは「愛」なしでする仕事が少なくとも半分を占めているのかな、という印象です。

そういう波に私も飲まれて、自分のしたいことがわからなくなる自分が想像できて

怖かったです。

....今も充分何したいかわかっていませんが 笑

 

卒業前だからかな、

何かセンチメンタルです。

こんな風に思っていたなんて....

人と人(シンガポールと日本)をつなげたいって思うのが、私の夢だったんだなって今知りました。

だから業種も職種もなかなか決まらなかったんだな。

 

私は大人の世界をしっかりみていないのでわかりませんが、

本当の愛で人をつなげて行くビジネスはできますか?

 

シンガポールと日本を私利私欲だけではなく、

私は本当に心からつなげることが、方法がありますか?

そんな会社は存在しますか?

 

本当に怖いです。

自分に能力がないことよりも、「社会」というものがそうであるなら、

日々仕事をしていて、何のために生きているのかわからなくなりそうです。

 

でも、もうこれはさがしだすしかないですね。

 

思いっきり話がずれて、また、

話したかったことを話せずにこの記事終わります。

 

 

 

大失態

お花屋さんアルバイトから、返事がきました。


実は、

この求人サイト、志望理由を書いて送るスタイルなのですが、

私はお花に全く詳しくないので、もう誠心誠意思っていることを書くしかない!と思って、

「大学生になって、人に渡す機会が多くなって興味を持ちました」

「自分の作った花束を喜んでもらった顔を見たら幸せだろうな」

ってことを書いた。

真面目な人欲しいって言ってたけど、

私は真面目です、っていうよりこっちのほうが私の人柄が出そう。


いや、出すぎたんですよ。


タイトル:「お花屋さんになりたい」


.....


完全なミスです。


私のよくあるボケです。


なんとなくこんなテーマで書きたいなー

カタカタカタ....

志望理由書き終わったらまた書き直そうー。


って思って書き直さなかったものです。


このタイトルにこの内容、

もうアホにしか見えない。


もちろん結果は


「面接前に大変恐縮ですが....」

不採用。


ちーん