読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログの使い道

お久しぶりです。

 

以前お伝えした通り、

私の就活は終わり....

このブログに書くことも学校卒業までない。

 

困った....

 

ということで

しばらくの間、私の心の葛藤について書きたいと思っています。

 

私は大学入学してから、

人に好かれるようになりたい、

バカにできないぐらい強い存在でありたい

そして悪口を言われてもへこたれないぐらい強くありたい

 

と思い続け一心不乱にそれに向かい

鏡を見ては「できる」と自分に話しかけ、

明るい気持ちを忘れずに日々過ごし、

勉強にも励み、

幸せな日々を送れるようになりました。

 

なぜこんなことを書こうと思ったかというと、

 

虚しかったんです。

 

私は英語が下手だということを隠し、

ボロが出ないよう会話はジョークを言うか笑うだけにし、

嫌だなって少しでも思ったらその人を遠ざけました。

 

完璧な自分

見下されない自分

意思が強いように見せかける自分

 

「私はできてる」

 

だから前言った通り、

留学で痛い目を見たんです。

 

初めて思ってたようにいかなかった。

 

自分は何も変わっていなかった。

 

どうすれば私は楽しく生きれるのだろう。

 

人それぞれ色んなものにぶつかって、

身をすり減らしていきます。

ときには身をすり減らすのを避けるために

変わってしまうものだと思っています。

 

中には

人の失敗が嬉しい人だっているし、

自分は善人だ、と振る舞う人だっています。

 

私自身もそういうものだと割り切って生活していたのですが、

でもそれじゃあいつまで経っても幸せになれない、ということにも気づいてしまったのです。

 

自分らしくありたい。

周りを比べたくない。

 

そう思うものの、

どこに向かえばいいのかわからない。

 

そろそろ社会人になる私

性格の芯となる部分をまだ作りきれていないです。

 

わからないまま流され、

気がついたら全てが終わっていた。

 

これが私の一番怖いシナリオです。

 

だからこのブログを読んでいる方に

私の葛藤に

お付き合いいただきたいのです。

 

私が仕事をする上で怖いのは

自分が自分ではなくなり、変わり果てたものになることです。

 

そして私は就職するまでという短い間に

自分らしくいれるのか

本当の幸せを手に入れられるかという

プレッシャーを恐ろしく感じています。

 

きっと私は人より心が弱いのでしょう。

そして何より今までいじめや仲間はずれを経験しているからこそ

悩んでいるのでしょう。

 

「自分らしくいる」ことは怖いです。

周りの人に嫌がられる存在になるのではないか、

自分がダメになるのではないか、

また、大学入学時みたいに頑張ったのに「昔と変わらなかった」ってならないか

 

なにが正解かわからないし、

どこに進めばいいのかわからないのに

時間は迫ってくる。

 

だからここで日々葛藤していること、

思っていること、

傷ついたこと、

嬉しかったこと、など

日々について書かせていただきたいです。

私の逃げ場でもあり、また次の日頑張ろうと思える場になると思います。

 

もちろんそうでないことも書きますし、

就職関係で何かあれば書いていきます。

 

というわけで

よろしくお願いします!

やることたくさん

仮免取り終わったら7月まで取るのやめようと思っていたけど、


本免のほうも今まで習ったことが出るらしい。

ええ、どうしよう...



さすがにバイト、免許、授業の両立はできない。

って思うとバイトを辞めるしかない。

でもお金は欲しい...


週1のバイトを始めようかなー

接客業しかやったことないからそれ以外のアルバイトもしてみたい


辞めるのかー

仕事は嫌だったけど、初対面の人と話すのを慣らすいい機会だったんだよなー


とりあえず出ているシフトに出てみて、微妙で、なおかつ今から受ける面接に受かったら

辞めようかな。

いろんな人と会える場から離れるのももったいない気がする


後、怖いです。

正直とても怖いです。

周りはやりたいことに向かって頑張っている中私はただ淡々と目の前の課題に取り組んでいる


皆が全てを両立している中、私は精神的に苦しんで動きたいように動けない。


そもそもまだ働けると思っていない。


なにより今まで3ヶ国語話せてすごいし、粘り強くて頑張り屋ですごいなんて思ってたけど、


そんな人探せばたくさんいるし、粘り強くて頑張り屋であることが必ずしもいいわけではないことを留学で学んだ。


そうすると私を受け入れるメリットはなんだろう

私にしかないものってなんだろう


分からないから怖い。

私を受け入れて!って自信を持って言えないし、思えない


この世にすごい人なんてたくさんいるのだ



就職活動....?

前回書いたが覚えていませんが、

 

私の就活は終了しました。

 

理由を言うと、

入りもしないところに行き、面接で嘘を突き通す

って言うことが難しいと感じたからです。

 

インターン、セミナー、エントリーシートの記入、

これだけ行って、自分のやりたいこと、

広告業界について、後海外就職に必要なものがわかり、

収穫は大きかったと思う。

 

だからもう就活は終わり。

 

次は

何をすれば海外就職に有利になるのか

私はどういうスタイルで働けばハッピーになれるのか

卒業してからの半年〜1年は何に時間とお金を使うのか

 

について考えていきたい

居酒屋にて

日本に出張で来ているお父さんと少しあっつーい話をしました。

 

いつもは否定から始まる父も

なぜかこの夜だけしっかり聞いて、しっかり話してくれました。

(最後の方はまた否定モードに入っていたけど....)

久しぶりに父が言っていることがまともに聞こえた。

 

どういう働き方が合っていると感じているか、

だからどういう仕事を私はやればいいのかって話した。

 

そしたら案外、

 

たくさん悩んだ結果がフリーターならそれでもいいし、

う〜〜〜ん、カメラは。

今までやっていて、いいなあって始めるならいいけど、

全くやってないし、

アートなんてもっと若い頃から始めてる人もいるから

その人たちと並ぶってことは相当な努力が必要よ。

というか(私)はクリエイティブな方ではないと思う。

お前は本当は接客業とかが向いていると思うよ

 

ってしっかりしたコメントくれた。

 

ほう。....とりあえずカメラ、映像系、アートにトライしてみるね。

 

てな感じで会話してました。

 

お父さんは何を根拠に接客業向いている、と言っているのか。

今まで人と接して来て疲れることの方が多いし、

今までのバイトで「売上が落ちた....」っていう話が何度も耳に入るぐらい

アルバイトは向いていない方だ。

 

ただ確かに私自身本当は人と話すのは好き。

「人間関係」がとても苦手なのだ。

だから最近始めたバイトで疲れるのは、

接客の部分ではなく、

一緒に働いている人とのコミュニケーションの取り方がわからない部分が大きいと思う。

 

そう思うと

また宙に投げられたような気分

クリエイティブな方面に行きたいの?

本当は普通の正社員になりたいの?

何度繰り返すんだ。

 

とりあえず一眼レフ買うためのお金を貯めてみようか。

 

バイト始めました。

バイト先が見つかりまして、1年半ぶりぐらいにアルバイトをしています。

また接客業。

 

でも前と少し違うタイプだからうまくいくのでは、と思ったけど

やはり難しかったです。

小さなミスをたくさん連発したり、

自信なくして、焦ってお客さんをイライラさせたり

いやあ、難しい 笑

 

前にアルバイトをしていた時の苦い思い出を思い出しました。

といってもいいバイト先で、

多分私がミス連発してなければアルバイトの人たちと仲良くなれたし、

お客さんとも楽しく話せるのではっていう環境です。

 

うん、やっぱり働くって難しい。

私のミスはとても致命的で、

しでかしてから気づく。

そして何が問題なのかわからないから、また同じミスを繰り返す、

というもの。

 

例えば、

「あそこにいるお客さんを呼んできて」

と言われて、私は先頭のお客さんだけ呼んだときのこと。

私としてはお客さんに

「あそこに行ってください」って自分たちで行かせるの悪いって思って、

先頭の人たちと一緒に目的地へ向かい、

色々説明し終わってから次の人たちを呼ぼうと思ってた。

から呆れ笑いでクスクスしているバイト先の人たち見て

「全員って言わなかったから先頭の人だけ連れてきたのに!」って傷ついたし、ムカついた。

 

でもよく考えると、前回のバイトで他の人がお客さんの対応をしているとき、

お客さん達だけで上がってきていたし、

一人一人上がってきてもらうより、全員の方がすぐに説明ができて

効率よくお店を回せる。

 

そういったことに言われた時は気づかない。

だから直したくても、どうすれば直せるかわからない、といった感じ。

 

もう合う合わないというか、

社会人としてこれは問題なのではないか。

より実感してきた。

 

え、私はどこで働けばいいのかしら。

会社の思うように働けないとなると、

接客業でなくとも問題は起きる。

 

カメラマン?

アーティスト?

 

より現実的になってきた。

しかしこれで本当に合っているのだろうか。

私の社会性のなさは直るのではないか。

直りさえすれば普通に会社の中で働けるかもしれない。

そして、やっぱカメラマンより普通に会社で働きたい、と思い始めるのでは。

 

まあ、優柔不断です....。

正直私も怖いのです。

カメラマンとか始めたら、社会性のなさが影響しないだろうか、

しっかり本職としてやっていけるだろうか、孤独になったりしないだろうか

そもそもカメラマンやりたい、というのは自分の気の迷いなのではないだろうか。

 

「現実を見ろ」の意味をアルバイトで思い出しつつある。

夢を始めるなら適当にやらない方がいい気がしてきた。

ライブにて

友達でプロのシンガーソングライターになりたい子がいまして、

今夜はその子のライブに行ってきました。

 

今夜は3人いて、それぞれ持ち時間は45分。

どの人も素敵だったなあ。

 

ライブハウスのいいところはいろんな人がいること。

音楽活動を始めてみた人。

デビューに向けて頑張る人。

いろんな荒波にのまれてぐったりしている人。

それでも立ち続けることを選んだ人。

 

音楽からその人の人生観とか見えてくる。

表情でどういう風にお客さんに見てもらいたいのか。

目線で緊張しているのか、そうでないのか。

声でどういう風な世界観を届けたいのか。

 

とても面白いです。

と同時に励まされます。

夢に向かって生きるって綺麗。

 

特に最後に出てきた 山田 尚史さんが印象強かった。

すごく明るい曲調の歌が多いんだけど、

悲しいときはこっちまで悲しくなるような声と表情で歌って、

かと思ったらパッと明るい笑顔で歌い始める。

曲それぞれが一つのストーリーみたいに流れていく。

 

特に覚えているのが家族の歌。

「幸せそうな顔で笑うお母さんを見ていつまでこの笑顔を観れるのかなって思ったら怖くなってしまった」

だから家族を大切にしましょうっていう歌。

 

私の幼馴染もお父さんが癌になってしまって、

私自身すごい身近に感じ始めたテーマだったから聞いてて

心の中で涙流してました。笑

本当に当たり前の存在がなくなるのって

想像するだけで心痛いからね!!

悔いがないように接していきたいなー。

 

でも正直30歳だったら、家族から気持ちが離れて自分と仕事が第一って考える人多いと思うんです。

だから不思議に思ってたら

パニック障害になってたんだと。

 

え?!

 

びっくり

 

確かに辛い思いをしないとできないような優しい曲がたくさんあった!けど

全然わからなかった。

すごく朗らかそうな人だったから、

楽しそうに歌うから。

目で見ているだけでは伝わらないドラマもあるんだね。

 

事務所を離れることになってしまい、パニック障害になり、

行先わからず家族と住み始め、

「それでも僕は生き続けるんだ!!」

って最後笑顔で歌ってくれた。

一本弦がなくなったギターで物語を締めくくりました。

 

人って見た目だけではわからない。

後、どんなに辛いことがあっても夢に向かって生きようって思えました。

....今のとこ夢を探すっていう夢ですが。笑

 

とりあえず皆さん!

ライブハウスおすすめです。

人生思い悩んでいるときでも、

楽しいときでも、

友達とでも、

来るときの気持ちで全く違ったストーリーを感じることができます。

少し高いけど、たまーに来るのにはいいんじゃないかな。

 

うい!

おまけ 6

今免許取ってるんだけど、

難しいネ。

 

ゲームセンターのカーゲームとは全然違くて、

アクセル踏まなくても車進むし、

バックしようと思うと何がなんだかわからないし、

面白い!

車ってアクセル、ブレーキ、ハンドルだけでシンプルなのに、

運転する時ってこんなにも複雑...

いや、シンプルだから複雑になるのかな。

 

にしても本当に面白い〜

ただ私ケアレスミスが普段から多くて。

 

カーゲームだとガンガン車ぶつけても、

また軌道に戻ってアクセル踏めばいいけど、

リアルライフだと怖くてすごく慎重になる。

 

慎重になるから教えてくれる人から毎回

「もっと気抜いていいよ〜」

「もっとアクセル踏んでいいよ〜」

「頭で考えないで、行きたいとこに行けばいいよ〜」

って言われます 笑

 

気を許すとすぐ気抜くから

コントロール