人と違う考えを持つこと

私より2、3個年上で同じように大学に行って、まだ無職(アルバイトをしている)の外国人の友達と最近会いました。

 

久しぶりに会ったので、無職だったことも知らなかったのですが、

私と全く同じ考えをしていて、ホッとしたような気持ちになりました。

「迷ったら直感の言う通りにするのよ。だってこれから20年以上働かなきゃいけないのに、あなたの人生苦しいばかりで終わるよりは、自分の心に素直になって好きなことをとりあえずした方がいいのよ」

「もちろんお金は必要だから、そろそろ旅行をやめて職を見つけなきゃだけど...笑」

「でもこうやって旅行する時間もできたから恋人も見つけたし、別に旅行をするこの時間が無駄だとは思わないわ」

「むしろ旅行で会う人たちと話して、色んな話を聞けるし(前日はおでん屋でおじちゃんと日本語で話したそう)、気が合えば友達にだってなれるし」

「話していた人の中に、仕事を辞めてバックパッカーをやった人もいたのよ」

と言う感じで色々話してくれました。

彼女もライターになりたい、という気持ちがあって、ブログを書いてるんだそう。

 

なんだか嬉しくて。

私もそう考えていた。

もちろん親に迷惑かけることはできる限りしたくないし、

すぐにでも自立はしたいけど、

でも自分の人生って考えた時に、なんで働かなきゃいけないんだろう。

とりあえず食べて、生きていて、友達が数人いれば生きていけるのに、

なぜこんなにも難しい道を好きでもないのに進んでいかなきゃいけないんだろう。

どうせ進むなら、できるだけ平らな道を進みたいし、

そうするにはやっぱり、自分の欲しいものを理解することって大事だと思っている。

 

20年働くのは当たり前だ、と考えるのはもう本当に「その通り」って感じだけど、

でも私にはそんな考えなくて、

むしろ働けるようになれば、自分でお金も稼げるし、学校のように高学歴なところを選ぶとか、大学まで行くとか、そんな条件もないし、好きなとこを選べるし、

むしろ働いた方が自由になるって考えていたから、

現実を知った時は驚いたし、そんな現状を変えたい、と思う人が周りにいなくて、

なんだか自分の考えが怖くなった。

 

よく今無職で甘えているかのように言われるけど、

決してそんなつもりはない。

実際親の家で暮らして、稼ぎもしないで、金銭的に甘えている部分はたくさんあるけれど、

仕事をしたいっていう気持ちとか、自由に生きるなりのプランとか考えとかすごい考えていて、

だから仕事での辛いことを友達が話してきて、びっくりしたり、辛いね、大変だね、ていうと

「働くってそういうもんだよ」って、

まるであなたは子供だからまだ何もわかっていないのよ、みたいに言われてるみたいで

カッチーーーンときます!笑

本当は「夢がない私からしたらあなたが羨ましい」っていうのも、

私は強い夢があったわけでもなく、ただ自分が働きたい時に働くものだと思っていたから、そういわれると、じゃあ挑戦してみたらどうなの!って思います。

すみません、愚痴になりました!!

 

とりあえず、

毎回自分の仕事について色々と言われるたびに、

何も考えていないわけではないし、甘えたくて甘えているわけでもない。

でもそういわれると不安で不安で仕方ないし、別物みたいに扱われることがとても寂しい。

私こう考えるのは間違えてるのかな、なんて気持ちになってきます。

 

だから、この友達の意見を聞いて、

私のように考える人はいるんだってことがわかって、

なんだか自分の考えに自信を持てました。

 

なぜインターンをすることにしたのか (自己完結です。長いです。)

報告したか覚えてないのですが、

上海に2月下旬からインターンすることが決まりました。

そこで働いている日本人の方と東京でお会いして、

あちらの方にいる(外資系なので)方達も英語がうまい!来て欲しい!

とのことで...トントンと行きました。

 

それでですね、

今まで散々インターンなんてやりたくない、

社会で普通のお仕事が合わないし、げっそりするなんて言っていたのに、

なぜやろうと思ったのか、自分の心の整理も兼ねて書いていきたいです。

 

上海でのインターン外資系企業で、Uber foodsに少し似た形態の会社。

シンガポールにも支社があるところで、

運が良ければ、そこで正社員のお仕事がもらえるかもしれない、と思いつつインターンをお願いしました。

 

気持ちとしては、語学学校よりも安く上海に入れる、と思って選んだのですが、

なぜここまで中国にこだわるのか。

正直インターン行くだけなら、上海でなくとも、むしろシンガポールでやれば、

これから専門学校に行くお金もたまるし、自分が働く環境に付いて更に知ることができる。

なぜしないのか。これは私も友達と話した時から不思議でした。

なぜこんなに私は中国にこだわっているのだろうか。インターンに行ってしまえば、ほとんど英語だし、中国語は使わない。

中国語を勉強することがないのなら、なぜ私はまだこんなに行きたいのか。

 

一つは香港に留学した時に、自分の中国語が上手くならなかったから、

周りの環境が悪かったのか、自分の努力や行動力が足りなかったのか、

知りたいんだと思う。

香港では自分はベストを尽くしたつもりだった。なのに、精神的に病み始めていた部分もあって思い切った行動ができなかったとこもある。

し、自分なりに中国語勉強しようと思って、中国語で受ける広東語の授業を取ろうとしたり(人数不足でなくなった)、中国人と中国語で話そうとしたり(英語がペラペラなので、結局話しやすい英語で会話をしてしまう)、という不運続きというか、どうにもならないところも正直あった。

だから、中国語は思っていた以上に伸びず、すごい悔しいまま帰ってきた。

多分、私は人生で自分の思い通りにならなかったことがなかったから、

底しれず、出せると思った結果が出ていないことに、高いお金を払ってもらってまで行った留学で、自分を責めてるんだと思います。

また、私自身住めばすぐ広東語も中国語も身につくし、気合いと行動さえあれば、絶対に上手くなると思っていたのに、授業では皆自分より上手いし、

どれだけ勉強しても追いつかなくて、自分の限界を感じたというか。

自分のセールスポイントが伸びないことに人材としての焦り、不安、怖さを感じていたのかもしれない。

私から語学をとったら何も残らないからね。

だから必死だったんだと思います。必死すぎて、コツコツ勉強できずにただ焦って終わったというか....。

というか全体的にアイデンティティっていうものにぶち当たったから対処しきれずに留学は終わった、と思っています。

自分が人と違うのは、育った環境がユニークだからだ、とか。

自分の通っていた学部は本当にいい人たちばかりで、留学に行って、

学部の子たちみたいに、ストレートに考える人たちばかりではないことにも気づいたりとか。

後、自分のこと誰よりも優しくていい人って思っていたんですけど、

誰よりも腹黒いというか、自分は人と違って、カリスマ性があるから、優れているから、人を適当に扱っても大丈夫とか。

マイペースなのは性格だから、とことん好き勝手しようとか。

自分の性格に甘えているというか...。

でも全部違うんだっていうことが留学中にわかって、現実を突き出されて、

プライドが許せなかったんだと思います。いや、そんなことない、私は頑張ればできる。性格悪いのはあいつらだ。とか。あの子が悪くて私が正しい、とか。

今考えるとどっちでもいいじゃないか、と思えるんですけど。

自分の性格のどろっとした部分に気づいて認めるのが遅かったんだと思います。

なぜなら、どろっとした部分がなくてひたむきに頑張っている自分が強みだと思っていたから。

それが私を強くして、人と違うとこであって.....

ずっと強くなってやる。皆を見返してやるっていう気持ちだけで、上へ上へ上がっているような気分になって、上がっているのを自分でも感じていて、気持ちよかったのに。

上へ上がったところで、私は変わっていないんだと気付始めたんだと思います。

私は大学生活2年かけてここまできたのに。

ちょうど親とのトラウマなども思い出して、本当に心の中が忙しくて大変でした。

 

もし私がこのまま行っても変われないなら、強くなれないなら、

私はどこへ向かえばいいのだろう。何をしてればいいのだろう。

自分の性格がドロッとしたままなら、スキルが低く、人に対する意識も変わっていないなら、

何をすれば私は自分を愛せるのだろうか。

そういうところにいきついたんだと思います。

 

後は、友達で北京行った子がいて、初級クラスにいたのに北京であったら、タクシーの運ちゃんと意思疎通できていて、なんか羨ましかったです。

私もそうなりたかった。中国語うまい、下手以前に中国人とペラペラって話せるようになりたくて香港に行ったのに、私は何してるんだろうって。

香港に行ったことは間違いだと思っていません。けど、

上海の留学で私は、試してみたいんだと思います。

本当に環境のせいだったのか。

自分はもうこれ以上中国語が上手になることはないのか。

勉強ではなく実践だったらどうなのだろうか。

 

上海に行って、今の自分はもう大丈夫だっていうこと、自分の中国語はまだ伸ばすことができることを知りたいんだと思います。

 

他にも書こうと思っていたのですが、思っていたよりも長くなってしまったので、また今度書きたい、と思った時に書こうかと思います。

ぐちゃぐちゃ

一昨日友達と会って、私のこれからについて話していたんですけど、

 

「優先順位は?」

 

と聞かれました。

 

国語学びたい

だから上海に行く。

なのに、語学学校はやめて、

外資系のインターンに行く。

専門学校に行きたいから、シンガポールで高収入のお仕事につく。

だけど、それなら留学のお金をなぜ専門学校に当てない?

などなど。

 

いろんな"wants"が絡まり会って、自分でもわからない。

なんでこんなに絡まってるんだ。

と思って、考えてたら、

「お母さんの....刷込みかもしれない...」ということに気づきました。

 

思い出すと、

シンガポールの永住権を取らなきゃいけないから、シンガポールに絶対帰らなければいけないことになっているけど、

それは自分で調べてそう思ったのではなく、

母に絶対とれ、それだけはお願い、と毎度言われて「帰らなきゃ」って思い始めていた。

多分それがプレッシャーになって、やりたいことたくさんあるのに、

永久住民権を取るために自分のしたいことを今優先してはいけないって思ったんだと思う。

死ぬときはシンガポールで死にたいなんて言ったけど、

それは本当だけど

私は本当にここまでして永久住民権が取りたいのかな?

もうわかんないや。

 

留学も本当は行きたいけど、親のお金を使って行くことで、この先留学に行くまで、

「いうこと聞かないなら中国に留学させない」って脅されるのが嫌で、

行くのやめると、次は「本当に中国行かないの?」「中国に行かないって選んだの、あんただからね、後で後悔しても知らないからね」って言われて、

そればかりで、

ずっと翻弄されていた。

だからいつも語学学校行くって決めたのに、インターン行こうってなって、またやめてを繰り返してるんだと思う。

 

ああ、なんかそれ思ったら辛いかも。

やっと自由になれると思ったのに。

どこまでも親が付いてくる。

 

その友達は、こんなにも思ってくれている母親にむしろ感謝するべきだよって言っていたけど、

私はこんな風に、いつの間に、私の心の隙間に入っていく自分の親が怖いです。

どうすれば離れられるんだろう。

私がシンガポールで働き始るころに母もシンガポールに戻るかもしれないらしいです。

それが私に付いてくるからか、本当にただ帰りたいのか、

わからないけど、とりあえず自分の意思がどこまでなのかわからなくなる今の自分が怖いです。

アルバイト先でのこと

数日前の話です。

 

普通にいつもの不動産屋のアルバイト行きました。

いつも仕事が始まる前に報告会みたいなのがあって、

今日はこんなことありますとか話し合うんだけど、

 

その日、いつもまとめ役のような人の隣に初めて見る人が。

若いけど誰なんだろう...。

と思っていたら社長さんでした笑

イケメンで、「皆に謝らなければいけないことが....」

「車の窓がパーンって割れて今使えません。」ってきっぱりと面白おかしく言っていて、とても面白かったし、空気もいつもの和やか〜な感じでした。

 

が、そこから真面目な話を。

「実はですね、3年ぶりに帰ってきて、見て、本来やれることができてないのね。」

「それだけ伸び代がまだある、ということでもあるけど...あまりにも目標から今離れている」

「システムが.....ぐちゃぐちゃ」

 

と真剣に少し寂しげに、言葉を選びながら話していました。

 

確かに私も入ってきて、上の人が「このお仕事はこうするんだけど、分からなかったら適当でいいよ」って私に教えるの聞いてびっくりした。とっっっっってもゆるい。

ゆるいから注意されることも少なくて、お仕事はしやすいんだけど、自分の上司が、

「ねえねえ、〇〇さんからこんな資料がきたんだけどこういうことだと思う?」って別の人と5分ぐらい話し合ってるのを見て、

直接その人に聞けばいいのに、だらだらとしている感じに少し驚きました。

 

それで最後に社長が言ったのは

「嘘ついてもいいから。」

社内がシーンとなった。

「ないものをあると言ってもいい。」

 

お仕事だから割り切って嘘をつけ、みたいな感じだった。

それを聞いて、なんだろう、私も何か引き締まりました。

 

こんなにゆるくて、甘くて、ビジネスビジネスしていない会社でも、

生き残るためには嘘が必要なんだってことだと思う。

ビジネスとはそういう世界なんだ。

 

なんだろう、自分は素直に正直に生きたい、だなんてずっと思っていたし、

今でも思っているけど、

でも、

ただそれだけではいけなくて、素直に正直に生きるなりにも、

柔軟に、うまくいく方法を思いつかなきゃいけないんだろうっていう気持ちです。

 

素直に正直に生きるなんて、簡単に聞こえてとっっっっても難しいものだったのかもしれない。

念じてればいいってもんじゃないし、好きなように行動すればいいってものでもない。

というか好きなように行動する前に根を潰される、というか。

私ももっと自分のことを考えていこう、と思います。

 

....この社長さん、いいなあ。

社員のこと大事にしていて、社員はその成果を出すどころか甘えていて、なんでって気持ちと自分で反省している感じが伝わってきて、

そこにいた私でさえ、これだけいい環境をくれているこの社長のために頑張ろうって思えました。

 

こういう人の元で将来働きたいー。

トントン拍子だけど...

お久しぶりです。

お久しぶりな感じがします。

 

色々とホッとする出来事があったんですけど、

まずはアルバイトが見つかりました。

 

学校給食の調理補助のアルバイト!

残念ながら大それたことはできないけど、いい経験にはなりそう。

 

なんですが!!ちょっと不信なところというか、本当に働けるのかなあというか。

 

生肉、生卵、生の二枚貝食べちゃいけないんです。

しかも!健康診断と指定の長ぐつと靴を自費で買わなきゃいけない!

さらに!!衛生についての講義を3時間、払ってくれるけど、行かなきゃいけないらしい。

時給は良かったんだけど、これだけ色々とあると、もしかして時給のぶんだけ何かあるのでは...と思ってしまう。

 

そんでもって、電話に出てくれている方も、とても明るくていい人そうなんだけど、

会社でしか面接をしていなくて、実際に会ったことないのに何回も「本当に来てくれて嬉しいです」っていう。

普通に怖いです。何があった。人手不足?え、なぜ人手不足?

とにかく怖いです笑

 

いや、普通なのかな。

でも衛生に対する意識があまりにも高すぎて、

もう100%排除しますっていう勢いが怖いです。

だって、食中毒はなるものはなるんだし....普通の衛生さえできてればいいと思うんだけどな...生卵と生牡蠣食べたいし....。

 

という感じです!

 

そして!

後、もう一つフードライターのインターンの面接に行ったんですけど、

好印象を持ってもらいました!

ただ、私の書いた別のブログを見て判断するとのことで、今日ぐらいに電話くれると言っていました。

来てないので、どうなるかわかりませんが、実は全部平日勤務で時間もかぶっているので、ライターか調理補助のどちらかに絞らなきゃいけない、

またはライターのお仕事の時間を減らしてもいいか聞かなきゃいけない。

という感じです。

 

さらにさらに、上海でのインターン決まりそうです!

言ったか覚えてないんですけど、結局親と話し合って、

2月から上海で語学留学をすることになりました。

それで同じ時にインターンをして稼ごうと思っていたのですが、

ナイスタイミングで現れてくれたインターンがありまして、

一昨日ぐらいにぜひ来て欲しいと言われました。

が、1月から来て欲しいみたいで、

金欠気味なので難しいかなあ。

言語学校の始まる1、2週間前はどう?!って言っているんだけど、

どうなるかなあ。

 

という感じで、

今までのアルバイト不況が嘘かのように全部決まっていきました。

しかしここで問題が。

私のやる気なくなった。

 

 

私はもしかしたら、アルバイトやインターンに受かることで「自分は人並みに必要とされている」ということを知りたかったんじゃないかな。

だから全部受かって、一息ついて思ったのが、

本当にアルバイトやりたいのかな...。

インターン外資系でいいのかな、アルバイトでもいいから中国語のところを探すべきだったんじゃないかな。

 

とか思っていたら「本当にこれでいいのか」という気持ちが始まりまして。

好きなことだけで生きていけるわけがないっていうのはもう十分わかっているのですが、

私は今「ならなきゃいけない自分」に向かっているようで(嘘つくし)、

自己嫌悪と焦りを感じています。

 

本当にどちらがいいんでしょうね。

SNSとかでどっちがいいか、友達や親に聞いても、「ならなきゃいけない自分」になれば自分を変えられるし、夢にも近づけるなんていうけど、

正直人生楽しくなかったら夢に近づいてもねえ。

 

最近多分それでストレス抱え始めていて、

というか「ならなきゃいけない自分」になると表情はもっと乏しくなるし、

食欲なくすんですよ。

あんなに食べ物好きなのに、もう口に入ればなんでもいいってなり始めるので、

自分では絶対よくないって思っているんですけど、

 

でもじゃあ「なりたい自分」でやっていけるのかって言われると、本当に自信がないです...。

そもそもどっちでもいいんだろうし、流れに任せた結果、今私はここにいるわけで...

 

わかんないです。もう誰かに相談したいー

語学留学しながらインターンしようかと

中国で留学することになりました。

 
いきさつは、親と話し合いまして、
1ヶ月行っても中国語は上手くならないから、半年行ったほうがいいとのこと。
 
私もそうしたいことはやまやまだけど、
早くお金を稼ぎたい!!
なにより周りの人たちが働き始めてるのを見て、私も早く立派な大人になりたい!!
 
から学生をやりたいつもりは薄いものの、
中国語は上手くなりたい。
 
どうすればいいのか、と考えて出たのがこの案。
 
そうすれば社会人経験もつめるし、経済的自立も少しできる。
ただし
語学学校行きながらのインターンってハイレベル。
というかインターンでげっそりして辞めたくなったらきつい。
 
でもそこはどうにかするしかないんですかね....。
 
というか今は何も考えず、好きなバイトしようと思っていたのに、
いつの間に将来役に立つインターン調べているし、
無意識に感じてるこの社会に対するプレッシャー
恐ろしい。
いや、私がもっと意志強く持てばいいんだけど。
 
とりあえず、そういうことです。

自立がしたいっ!!!

ギャップ

 

もう一つあります。

 

なぜなりたい自分とならなきゃいけない自分で悩んでいるのか。

社会の目を気にしていることではないことにも最近気づきました。

 

実を言うと、

親元が離れたくて仕方ない。

 

私の親は両親共々とっっっっっっっっっっっっっっても過保護です。

嘘でしょって言うぐらい。

 

「電子レンジの使い方を大学生になって学んだ」

「大学の時の時間割を把握されていた」

などと言うと、皆びっくりするものの、それだけ愛されてるんだねえって話になりますが、

決してそんなソフトなものではありません。

 

そういった親の子供にならなきゃわからないものだと思います。

この歳になって両親の話ばかりして...って自分でも思うのですが、

本当にそれぐらい悩んでいるというか、普段の考えていることの半分をそういう悩みでかっさらっていくと言うか...

 

詳しく話すとキリがないです。

とりあえず離れたく離れたくて仕方ない。

いっそのこともう別の国に住みたいと思っています。

 

でももし私が専門職に就きたいなら、

専門学校にきっと通わなきゃいけない

と言うことは貯金をしなきゃいけないわけで、

と言うことは一緒に住むのが一番手っ取り早いのです。

しかも専門学校に行ったとして、収入が不安定になってしまったら、

家族のとこに戻るしかない.....。

 

きっと私が物事に大きく反応しやすいこともあると思いますが、

このまま母といたら私はきっと精神的にも一生自立できなくなります。

というか自立したいっていう気持ちさえもこそぎ取ります。

 

だからすごい悩んでいます....。

 

早く自立したいけど、

そうするには夢を諦めるつもりで高収入のお仕事をしなければいけない。

 

普通に仕事ができるのであれば、普通のお仕事がしたいけどな....。

ちょうど昨日も10日間ぶりの不動産屋でのバイトだったんですけど、

ずっとため息が止まらなくて、午前中の部が終わる頃には衰退しきっていました。笑

 

前の接客系バイトではそんなことなかったのに

相当事務が向いてないんだと感じています。

 

本当にどうすればいいのかわからない。

高収入で自分の好きなこと...できてればいいんだろうけど、

かなり究極の選択。

自分の性格も左右されるからとても迷います。

(素直に生きていくのか、ずる賢く生きていくのか)

 

うわあ