ストレス発散方法を教えて

例えば自分が怒りピークの時に、思わず人に向かって怒ってしまった。

しまった、と思って怒りを我慢するようになる。

すると、怒り方さえも忘れて、嫌味たらしく言ってしまう時がある。

嫌なことされたら「やめてよ〜」で終わらせればいいのに、

気がついたら我慢してて、後から別の人に愚痴るとか。

 

元々裏で愚痴ったり、悪口言うよりかははっきり言う方が好きだったのに、

イライラしすぎて人格さえも変わり始めている。

とても恐怖。自分が自分でないような感覚。

愚痴を言われている張本人からしたら、え、ひどってなるわけだし、

でも自分は全くそんなつもりなかったから、

申し訳ないって気持ちはあるけど、本音が思わない方向に出てしまっただけだから、

言い訳をすることもできないし、すごく辛い。

 

後、イライラすると記憶が曖昧になるし、うまく考えることもできない。

しかもこれだけ色々と辛い思いをすると、次は自分が何を考えているとか、何がしたい、とかそんな単純なことでさえもわからなくなっていく。

なんでそんなこともわからないのか、このこには自我というものはないのか、というか自分の言葉に責任はないのか、と言うことになってしまう。

もう辛い辛いの極み。

誰かに言えるわけでもなく、もっと心を広く持て、とか我慢が足りないとか、そんな話になることが多くて...

いや、してるんですよ、しているのに足りないぐらい今抱えているイライラなどが莫大なんです。

そんな気持ちになったことある人なんていないだろうし、仮に私が本当に頑張り足りなかったとしても、頑張りが足りないんだよって言われるんじゃなくて、

辛いんだねってことをわかってほしかった。

 

人それぞれ感じ方って違うと思うんだ。

同じことをしても

他の人にとってなんともない痛みが、別の人にはとても痛かったり

スルーできることができなかったり、

そう言うのって自分が今まで経験してきたこととかに関係するし、

だから我慢が足りない、とかって言われると

あなたに何がわかるのってなってしまう。

私がどう思ってようと行動に起こすことが大事だから、心を広く持つよう言われても、

もう我慢しすぎて、心を広く持つ持ち方さえもわかってないから、

我慢しなくていいことを教えて欲しい。

大丈夫だよって言って欲しい。

 

だから辛い。誰にも言えなくて、誰にも頼れなくて、誰にも言い訳ができないから、誰にも信用されなくなって、誰からも好かれなくなるって言うの辛い。

考えすぎだなんて思うだろうけど、

「この人苦手だな〜」って何人にも思われるとそれぐらいの気持ちになってしまう。

特にお母さんがいて、目に見えないプレッシャーをかけられる今、とてもメンタルが弱い。

どうにかしたくて休憩しても、うまく気がぬけなくて、

翌日また肩こりがひどいなんてことしょっちゅうある。

 

ストレス発散方法をみにつけようとは思っても、なかなかない...。

昔は優越感を得ることでストレス発散していたけど、

もちろんそれが最善の方法だと思えない。

それでブログでこんな風に発散しているんだけど、

文字で書きあらわすにはインパクトが強すぎるぐらい

辛いって言う気持ちが溜まっているし、

毎度毎度時間を割いてブログを書くわけにもいかない。

 

人と話したくても、今は疲れてしまう。

人恋しさはあるのに会うことができない。

 

うわー、辛いよ。

愚痴ばかり出るのはなぜだろうか

最近愚痴ばかり出る。

出ないようにするから、

それでも出てしまう愚痴は大抵ひどい。

それであそこまで強い愚痴を言わなくてもよかったって、

自己嫌悪に陥ることが最近多い。

 

どこで溜めているのかわからないことが怖い。

それっていつ爆発するかもわからないってことでしょ。

 

あまり深く考えないようにって思っているんだけど、

溜まっているものは溜まったまんまになるので...

いや、考えすぎているから溜まったまんまなのか?

本当かいな...

昨日久しぶりに友人?に会いました。

 

正直友人と言えるほど話したり、遊んだりしたことがないから

プライベートで会ったから友人なのかな...

 

なぜその人の話をしているかというと、

タロット占いをしてもらいまして....

まさかしてもらうなんて私も思わなかった。

 

前にfacebookで「占い師になりました!占って欲しい人は連絡してください!」って書いてあったのを見て、

いつの間に占い師になったの!!ってびっくりした。

 

まさか身近で大学卒業した後に、占い師になろうって思う人は少ないし、

まさか自分の知人が....

 

占いって怪しい感じがして、ミステリアスで気が引けるていうのが正直なところだけど、

色々と行き詰まっていたこともあったし、

正直どんなものか気になる。

 

だってカードで私の過去や将来のことがわかるって、

すごいパワフルよ!

それこそ友達に聞くよりも強力なアドバイスがもらえるかもしれない。

占いに信憑性があるかどうかを別にしても、人生のアドバイスをもらうことは悪いことではないので...

お願いしてみました。

 

結論でいうと、すっごく不思議な時間でした。

私の守護霊が選んだカードを、その友人を通して見せてくれるらしいんだけど、

本当に霊感がある人っていて、守護霊はいるんだ!と思えば本当にそうだし、

いや、違うって思えば違うし...

 

友達には守護霊がいるんだって思って、受けてもらった方が

友達と守護霊が繋がりやすいとかで、

守護霊がいるって自分に暗示かけて、80%ぐらい信じていたから、

本当に守護霊の力なのか、正確はわからない。笑

第三者がいて欲しかった〜

 

例えば、友達が

本当に悪い気を持っている人はオーブがその人の隣に見えるらしくて、

それを指摘してあげたら、オーブから守護霊が暴れて出てきた、

とか。

うそでしょ。

そんなの言われたら信じるしかない...

 

他にもカードを引くとき、色でその人がこれから沈むのか上がるのか、みたいなことがわかるみたいで、大体全部青い(沈むカード)カードか赤と緑(上がるカード)になるらしい。

それで、私の場合は半々で、複雑な心境、色々考えている心境が現れているらしい。

当たっている!!

なんて思ったり。

 

でもさ、

カードを引く枚数について、カードをシャッフルした時にそのカードが自分から浮くかどうかでわかるって言った時は、

さすがにシャッフルの仕方次第で浮くのでは...って思ったし、

 

お仕事を占ってもらうカードでは、

友達に、職業がはっきり書いてあるカードとかあるけど、

私の場合は抽象的だねって言われたときも、

確かに抽象的だけど、そのうち一枚は「花」って書いてあったから、

お花屋さんとかっていう風にはならないのかな....

なんて思いました。

 

まだ少し疑っています 笑

 

と言っても占いすることで、自分の悩んでいることが具体化してきて

少しスッキリした!

何より、占いでこう出てるってことはやっぱりこうなのかしら...笑

 

って思うことが多々あって、とても面白かった。

 

そんな感じ!

 

占いってすっっごいスピリチュアルな感じで怖いって思ったけど、

守護霊は本当にいるんだ!って言われて、信じると

本当に占いすごいってなるから、

なんか人生で一回は、特に落ち込んでる時とかは

いいところで経験して見たらいいかも

 

しかしクリエイティブ職にも難あり

前の記事読んでたらわかると思うんだけど、

 

私は絵が下手くそです。

高校生の時に後に美大卒になった子に「線をまっすぐ描けない人は芸術センスあるんだって...でもユキは絵が下手だから美術できない」って言われたことがあります。

私自身も頭の中には他の人に負けないぐらい面白いアイディアがたくさん詰まっていると思っています。

ただそれをアウトプットするのがどうも苦手。

 

言語化するのも大変だし、絵で表現したくてもできない....。

そこ問題。

絵が下手でもクリエイティブなお仕事なんて言ったら...webデザインか書くお仕事ぐらい...私もパッケージとかロゴのデザインがしたい...

 

後、もう一つ。

フードコーディネーターは専門学校に行かなきゃいけないから、なるのが28歳〜と言ってたけど、

もし本当にロゴのデザインとか学びたかったら、結局は専門学校に行く必要が出るわけで。

 

だからクリエイティブなお仕事がしたいっていうのは絶対なんだけど、

新卒ですぐ始められない。

難しいよー。

 

私が就きたいって思う仕事、全部専門職だ。

もうどこに向かえばいいのやら 笑

 

でもとりあえずゴールが定まりつつあるので、

経験なくとも雇ってくれるようなクリエイティブなお仕事とインターン(できれば職関連)を探してみます。

 

やっとピンときた!

やっと頭の中のことが整理できました!!

今までは、「整理できた気がする....」って感じだけど、今度こそできた!

 

私が今やっているアルバイトでのこと。

その日は雨だったから一日中パソコンでデータ入力。

ああいうのって、ずっとやっていると、

嫌だって思うのが体に反映する。

すごいイライラしてくるし、何でこんなことしてるんだろうって思いながらも集中しすぎて疲れる。

それで家帰ってきて、鏡見たら顔色すっごい悪くなってるの。

まぶたが黒ずんでて、クマになって、肌も荒れてた。

こんな人たくさん電車に揺られてたなあ、なんて思いました。

次の日(今日)も体がすっごい疲れて全然ダメで。

 

やっぱり向いてないんだなってまた思ったんです。

ただ前からすごく不思議だったのは、自分はインドアだということ。

インドアということはただ寝ている時を除いては常に何かをしている。

携帯をずっといじっていることもあれば、パソコンに向かって課題をしている時だってあるわけだ。

だから一日中家で作業することは大丈夫なのに、

事務をやることが苦手と感じてるのはなぜだろうってすっごく不思議だった。

 

他にも、商品が売れるように戦略を企画するっていう1日インターンも、楽しかった部分あるけどなんか違うって感じだし、

ライターのお仕事がしたい、と思いつつもなかなか行動に踏み込めなかったり、

フードコーディネーター、ウェブデザイナーとかやってみたいっていうわりには何も行動起こして中たり、

自分でもなぜだろうって思うことがたくさんあった。

 

それでですね、

アルバイトのお仕事がパソコンでカチカチ企業のウェブサイトを一個一個見るようなお仕事なんだけど、そのときに解決したのです。

めんどくせーなって思いながら、

カチカチ企業見てたら、パッと白い感じのウェブサイトがでて、

何だこの企業って思ってスクロールしたら、

商品のパッケージデザインを考える企業だそう。

 

それ見た瞬間ビビビってきた。

なぜかわからないけど、直感でこれだ!!これが私のやりたいことだ!!!

ってなった。

 

食品のパッケージの写真とかもあって、見ているだけでテンションが上がった。

そのときにわかった。

多分考えるのが好きなんだと思う。

パソコンに向き合いながら、課題のテーマでこれをこうしてって考えるのが楽しかったり、企画も自分だったらこういうアイディアを出したい、とか。

だからインドアが好きなわけで、コンピューターワークが好きなわけではないんだっていうことがわかった。

 

後は、調理師とかフードコーディネーターになりたいって気持ちはあるけど、

なるために2年正社員のお仕事して給料貯めて、2年勉強して、28歳になってキャリアスタートしたいか、と言われると微妙。

そう思うと私はそこまで本気なんじゃないかなあとかって迷ってたんだと思う。

ほら、結局フードコーディネーターになるまでの道のりが長すぎて、

フードコーディネーターになることがゴールになったら違う気がするのよ。

 

食に関わりたいなら別の方法だってあるけど、きっと自分の思いつくものづくりのお仕事で思いつく、最短でなれるものがこの二つだったのかもしれない。

そう考えると、商品のパッケージ描くのは画力があれば後は大丈夫だし、いいかもしれない。

...と言っても画力のために専門学校に通わなきゃだけど....

 

とりあえず食に対して本気のものづくりがしたいってこと。

ひたすら考えるお仕事がしたい。

ということがわかった。

 

そんでもって...クリエイティブなお仕事がしたいんだと思う。

フードコーディネーターとか調理にピンとこなかった理由は、

作るだけで終わっちゃう気がしたからだと思う。

 

例えば、料理をただ作る、とかレストランの設計をただする、みたいな。

実際はわからないけどそういう不安があったからだと思う。

 

その点、パッケージのデザインはベーズがあっても完全にオリジナルのアイディアだからピンときたんだと思う。

 

...クリエイティブなお仕事したくなってきた

 

おまけ 7 ー最近社会に対して思うこと

今朝ですね、こんな記事を見ました。

headlines.yahoo.co.jp

教師が生徒に向かってオカマって言った事件。

 

差別だ!って言っているのを見てすごく不思議というか....これでいいのかって思ってしまう。

実際私が小学校の頃は、「オカマみたいな声出した!」とか「女の子らしく!」とかよく冗談で聞くし、

言われた本人もオカマじゃない!とか女の子らしくってどんなの!って笑いながら言ってた感じだった。

それで本当にオカマだった人とか女の子らしくできない子たちは「あっ...」って傷つくけど、冗談だからって割り切れてた人もいるんじゃないかなあ。

からこういった記事って逆に何か寂しい。

 

何もこの人が悪いとか、そういう話がしたいんじゃなくて、

自由を謳っているようで、自由がなくなっていく感じがとても寂しくて怖い。

 

イスラム系の水着を着ている人に向かって、

「それを脱ぎなさい」って強引に脱がそうとする警察官。っていう映像もあったけど、

最後はイスラム系の人達がその水着着ている人を守って、

警察官を指差してバカにしてたんだよね。

 

それ見ると、やってること一緒じゃないかって思う。

 

後はネットで自分の考えをいっただけなのに炎上したり、

大人が説いた哲学が、ツイッターで「論破されてる」みたいに書いてあって、

皆それを鵜呑みにして....

 

あったんですよ、私の父が「遅刻はいけない。100人5分待たせたら、500分の時間が無駄になるんだぞ!」って言ったんだけど、

私の頭ではツイッターにあった、「じゃああなたは〜」って似たようなことを別の例で例えて論破!って感じの投稿を思い出したんです。

 

...他の人が例えたものを例え直して突き出すのは論破ではありません。

なぜ時間が無駄になると言っているのか理解して、時間が無駄にならないってことを証明した時に論破になると思う。

なのにツイッターで回ると、高校生とかからしたら「確かに!」って思ってしまうし、情報に操作されてばかりいるような気分になる。

 

されなかったとしても

それを見てしまった私は素直に父親の言うことに、「あ〜、確かに」って関心ができなくなった。

 

だから....

ネットもできて、発言しやすくなったように見えて、

思想の自由が減ってきているような気もするのよ。

 

もっと

「こういう考えの人がいるけどこういう考えの人もいて、面白い!」

とか、LGBTに対してもただLGBTをサポートしよう!ではなくて

LGBTっていう人達がいるんだ。私は受け入れられないけど。」とか

もっと肌が黒い!とか女の子らしすぎる!とかもジョークで受け止められるような

 

そんな社会になったらいいのにね